ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
NEXT ≫
2017年10月16日(月) 19時13分
 高齢になっても元気でいられる人と、そうでない人がいる。両者はどこが違うのか―。

 そんな健康長寿の鍵を探る疫学研究を続けている東京都健康長寿医療センター(井藤英喜理事長)が、国内外の成果を踏まえ、健康長寿を延ばすのに有効と考えられる方策を専門家の解説とともにまとめた「健康長寿新ガイドライン エビデンスブック」を刊行した。 歯冠修復

 ガイドライン策定委員長を務めた同センター研究所の新開省二副所長は「高齢者の健康を考えるには、中年期までのように病気の有無に最重点を置く態度では不十分。別の要因も大事だと分かってきました」と話す。

 新ガイドラインは、高齢者の健康に大切な12の課題を取り上げ、達成したい目標や生活のポイントなどを示した。

 例えば「食生活」と「口の健康」では、中年期までは問題とされる肥満よりも高齢者では、やせや栄養不足の方が深刻だとして、体格指数(BMI)20以上の体重を維持することや、かむ力を守ることの大切さなどを強調。「体力・身体活動」では筋肉を落とさないことの重要性を説き、望ましい運動量などを示した。 エアスケーラー

2017年10月12日(木) 15時57分
 鶴ヶ峰駅徒歩1分の矯正歯科専門クリニック「たけのうち矯正歯科」。同院では日本矯正歯科学会認定医の竹之内裕行院長がすべての治療を担当する。竹之内院長は生まれも育ちも横浜。「横浜は生まれ育った思い入れのある街。地域医療に貢献できれば」と思いを語る。歯冠修復

矯正治療の開始時期は

 矯正治療を考える中で疑問に挙がるのが、治療の開始時期。永久歯が生え始めた頃の小児矯正の最大のメリットは、あごの骨の成長を利用しながら治療できる点だ。また、永久歯が生えそろってからでも年齢が低いほど歯は動きやすいため、中高・大学生はスムーズに治療が進むという。竹之内院長は「矯正治療は年齢が低いほどメリットが多いので、学生のうちに始めるのが理想的です」と話す。エアスケーラー

 もちろん、矯正治療は大人でも十分できるもの。同院では裏側矯正やマウスピース矯正などの目立たない装置の治療も提案している。竹之内院長は「矯正専門のクリニックとして、患者さんのご要望に沿った最適なプランをご提示します。きれいな歯並びの素敵な笑顔を目指して、一緒に頑張りましょう」と話している。

http://athena.kyo2.jp/e514299.html
2017年10月10日(火) 19時19分
ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるので、積極的に摂取することをおすすめします。ビタミン不足によって起こった口内炎は、必要なビタミンが満たされるまで、なかなか治らないこともあるので意識して摂取するようにしてください。 歯冠修復

疲労やストレス口内炎が治癒するためには、免疫機能が正常に働いていることが重要です。疲労やストレスが溜まると体内の免疫機能が低下してしまいます。そのため、免疫機能がうまく働かないと、口内炎による炎症がなかなか治らないということにもなります。 エアスケーラー

がんなどの病気の可能性なかなか治らない口内炎は、なかにはがんの初期症状など深刻な病気の症状であることもあります。同じタイミングで何か所にもできたり何度も再発したりする場合には、ベーチェット病や全身性エリテマトーデスなどの病気の症状のひとつである可能性もあります。気になる口内炎の症状があるときには専門医に診てもらうようにしてください。

http://luccye1.ti-da.net/e9990191.html
2017年10月06日(金) 17時54分
カネカは、同社の閉鎖型自動細胞培養装置が、松本歯科大学病院にて実施予定の臨床研究「自己骨髄間質細胞を用いた歯槽骨再生療法」に採用されたと発表した。歯冠修復

同装置は、容器を密閉したシステムで、ほぼ無人による自動細胞培養を行うため、コスト削減と、雑菌などの汚染がない高い安全性に貢献する装置となる。また、同装置とダイダンの気流制御型クリーンブースを組み合わせることにより、小規模、かつ低コストで細胞調製施設を設置することができる。エアスケーラー

今回の松本歯科大学病院による臨床研究でこれらの特長が実証されることにより、低コストで安全な閉鎖型自動細胞培養装置を用いた小規模細胞調製施設が、地域中核病院やクリニックなどの中規模医療機関に導入しやすくなることが期待されるという。

なお、同装置を用いた臨床研究は、同社グループ会社が運営する「セルポートクリニック横浜」の乳房再建療法の臨床研究につづき国内で2例目となり、歯科・口腔外科領域では国内初の臨床研究となるということだ。


http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/a83b69a13a31cf084c2df20bc51224cf
2017年10月05日(木) 14時53分
 また、海藻からは、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(バイオフィルム)をできにくくする成分が発見されている。歯冠修復

 岡山大学の研究グループは、海松(ミル)から発見された「ミルレクチン」が糖鎖と特異的に結合して、細菌がバイオフィルムを形成するのを阻害することを報告している。現在ではミルレクチンを配合した口腔ケア製品も市販されている。エアスケーラー

 ちなみに海松は現在、日本ではあまり食べる習慣はなくなったが、飛鳥・奈良時代には一般的に食べられていたという。

 日本では古来、海藻を常食してきたが、海外では海藻を食べる国は少ない。日本人は海藻の栄養を吸収できるが、実は、海藻を食べる習慣のない国の人は、食べてもほとんど吸収できないと考えられている。

 これは、海藻の細胞壁を分解できる酵素を持つ腸内細菌が日本人に特有だからという。日本人だからこそ享受できる「海の恵み」を有効活用したいものだ。
(文=ヘルスプレス編集部)
2017年10月03日(火) 13時04分
「日本では歯科衛生士の大半が女性で、歯科医院の9割は個人経営。社会保険制度や産休・育休制度が整ってない医院が多いため、結婚や出産を機に退職する人や、資格は取得したけど福利厚生がしっかりした一般企業で働かざるをえないという人が多いんです。歯冠修復

また予防処置、保健指導、診療補助が歯科衛生士の三大業務ですが、ほとんどのケースが院長先生のアシストしかしておらず、予防を専門とする歯科衛生士は全体の3%以下とも言われています。学校で学んだことを活かせず、歯科助手とほぼ変わらない仕事にやりがいを見い出せず、辞めてしまう人も少ないという現実もあります」エアスケーラー

歯科衛生士の国家資格を持ちながら、歯科衛生士として働いていない人を“潜在歯科衛生士”と呼ぶ。その数は有資格者の6割程度ともされ「埼玉県内でいえば、有資格者の3割程度しか歯科衛生士として働けていない」のが実情という。

国は“8020運動”を推進するなど国際標準の予防歯科の必要性を訴えてはいるものの、現場レベルでの整備はあまり進展していない…。

「私は国が動くのを待って…という気持ちがありません。それでは遅すぎるからです。現場から行政を動かすくらいの気持ちを持たなければ、この国はよくならないと思います。虫歯のない子どもをたくさん作り、虫歯のない大人を作り、虫歯のない地域を作ることが当院の理念。予防歯科はそのための欠かせない手段です」

2017年10月02日(月) 16時04分
 厚生労働省は、毎年9月に展開する食生活改善普及運動の今年の重点テーマとして「毎日プラス1皿の野菜」「おいしく減塩1日マイナス2グラム」「毎日のくらしにwithミルク」の三つを発表した。歯冠修復

 日常的な医療や介護を必要としない期間である「健康寿命」を延ばそうという「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環。エアスケーラー

 同省の国民健康・栄養調査(2015年)によると、20歳以上の日本人の平均野菜摂取量は1日当たり約290グラムで、目標摂取量には約60グラム不足。加熱した野菜なら1皿分で補えるとしている。

 また、食塩摂取量は1日当たり男性11グラム、女性9・2グラム。日本高血圧学会が6グラム未満、世界保健機関(WHO)は5グラム未満を推奨しており、現状は取り過ぎが目立つ。塩分過多は高血圧や心疾患などに関係するとみられ、料理にだしを利かせたり、かんきつ類や香辛料を上手に使ったりして、おいしさを保って減塩することが勧められている。

 また同じ調査で、20~30代の若年層のタンパク質やカルシウムの摂取量が60代以上に比べ少ないことが分かった。

2017年09月28日(木) 15時42分
 9月に新横浜に開所した、横浜市が推奨する「健康経営」の県内初拠点の運営会社で本事業を推進してきた。横浜市から、委託事業として応募の打診が来たとき「ちょうど会社でも中小企業の従業員のストレスチェック実施サポート事業などを強化していこうとしていて。その取組みと重なる部分もありすぐに『応募します!』と手を挙げました」。柔和な語り口の中に強い意志がにじむ。歯冠修復

 東京都世田谷生まれ。小学生の頃から親しんだのは釣り。「従弟の男の子と一緒に釣りによく行った。あまり女の子らしくはなかったですね」。高校時代は、生徒会活動に没頭。制服廃止運動を行うなど、型にはめられるのが嫌いな子どもだったという。大学は、東京医科歯科大学医学部付属衛生検査技師学校(現医学部保健衛生学科)に進学。2年間で臨床検査技師の資格をとるため、朝8時半~夜10時まで学校にいることも少なくなかった。ただあまりに忙しかった大学生活に悔いも。卒業後「一般教養などの課程をもっと勉強したくて」と、家族の反対もあった中で意思を貫き、千葉大学理学部に再入学した。エアスケーラー

 臨床検査センター研究室で働いたのち、職場で知り合った夫とともに独立、1985年バイオコミュニケーションズ(株)を設立した。当時は、予防医療が注目され始めた時代。大手商社との業務提携も取り付け、現在も販売している「健康管理システム」を主力商品として売り出した。最初は順調とは言えなかったが、大手企業のシステムを請け負うなど徐々に売れ始め、現在は、健診のデータ入力などアウトソーシングにも業務を拡大。平成19年には新横浜に会社を移転した。

 プライベートはずっと犬のいる生活。夫婦の趣味である渓流づりも大好き。「でも、引退したら、犬と釣りだけではすぐ飽きてしまうんだろうな…」という呟きにまだまだ尽きないエネルギーを垣間見た。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/90a63a5f7340db31e3278db74a730b23
2017年09月27日(水) 15時47分
歯科医師としての処分にも注目 歯冠修復
 今井絵理子参議院議員との不倫が発覚し、政務活動費の詐取を認めた、元神戸市議の橋本健氏。現在の焦点は捜査の行方だ。果たして橋本氏は逮捕・起訴されるのだろうか。更に橋本氏の本業は歯科医師だ。犯罪行為に手を染めれば、医師と歯科医師には行政処分が下される。橋本氏の今後を、識者や関係者に聞いてみた。エアスケーラー

 現在、橋本氏に対しては、少なくとも2件の刑事告発が行われている。

 1件目は9月7日にオンブズマンの代表らが行ったものだ。容疑は詐欺と虚偽公文書作成・同行使。2010~14年度、橋本氏は市政報告書の印刷費名目で社長2人に虚偽の領収書を作成させ、それを添付した収支報告書を議会に提出。政活費計約914万円をだまし取ったとしている。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/42c6709cdd1b8287432ac37e6867193f
2017年09月26日(火) 18時08分
 「第二の永久歯」といわれ、安定的で審美性を保てるインプラント。その治療を行う医院が数多く存在する今、自身に適した医院選びのポイントを押さえておくことも大切だ。そこで、大倉山駅前で地域に身近な「よろずや歯医者」を掲げる「かず歯科医院」の鈴木和夫院長に医院の選び方について話を聞いた。歯冠修復

 「インプラント治療は高度な技術を要するものなので、ドクターの経験や知識の度合いはもちろん重要だと思います。さらに、患者様にとっては治療費やアフターフォローも気になると思いますので、事前にしっかりと説明をしてくれるかどうかもポイントでしょう」と話すのは鈴木院長。さらに「医師と患者様の信頼関係も治療の上で大切な要素。気になることは何でも質問すると良いでしょう。もちろん、当院でも相談を受け付けていますのお気軽にどうぞ」と呼びかける。エアスケーラー

埋入実績5700本超

 院長が手がけたインプラント埋入実績(1994年〜現在)は5700本超。院長は神奈川歯科大を卒業し、医局員として東京女子医科大学口腔外科に勤務。10年以上勤めた都内インプラントセンターでは、センター長も歴任した。

専用オペ室も完備

≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
NEXT ≫
 
2017 年 10 月
147
89111314
151718192021
22232425262728
293031