ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
NEXT ≫
2017年12月07日(木) 17時41分
皆様の人生を長期的視点でみたとき、歯の健康が得られている方の人生は大変素晴らしいものになる! ということを、日々の臨床において多くの患者さんを見るたびに実感しています。

しかしながら、今でも多くの方が「痛い・ 詰め物がとれた」などの問題が生じてから歯科医院へ緊急的に駆け込む「場当たり的な、事後対応の歯科医療」になっているようです。 歯冠修復

子どもの頃は定期的な歯科検診がありますが、大人は何か問題が起こらない限り検診を受けるきっかけがありません。しかし、歯の健康は知らず知らずのうちに損なわれている可能性があります。また、歯のトラブルは想像以上に日常に支障をきたします。ですから、本来は「予防」「メンテナンス」をして健康状態をキープすることが理想的なのです。実際、欧米では「事前対応の歯科医療」の方が一般的です。

歯科医師としてお勧めしたい「事前対応の歯科医療」とは、3つのステップで成り立っています。

1. まずは自覚症状の有無にかかわらず歯科医院へ予約をとって、口腔内の検査を受ける。
2. そして歯科医師によって問題ありと診断された場合には、的確な予防管理のもと重症化しないうちに然るべき処置を済ませる。
2017年12月05日(火) 16時06分
 誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、産経新聞社が立ち上げた「100歳時代プロジェクト」の一環として、超高齢社会におけるビジネスチャンスを探るセミナーが1日、東京都港区の電通ホールで開かれた。歯冠修復

 産経新聞社の河合雅司論説委員が講演し、「例えば、テレビ開発で高画質を追求しても高齢者にはあまり意味がない。良く聞こえる音に力を入れるべきだ」と語り、高齢者のニーズを的確につかむことの重要性を強調。東京医科歯科大特任教授の朝田隆氏、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さん、タレントの優木まおみさんを交えたトークセッションも行われ、認知症予防や老後の資産管理の大切さを学んだ。エアスケーラー

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/c3cf57132356fdbe3167f9a60aa858ce
2017年12月04日(月) 17時23分
 白老町竹浦に1日、竹浦歯科が新たに開院した。前オーナーから歯科医院を引き継いだ川村周徳院長(57)が開院。川村院長は「高齢者が多い地域なので、治療はもちろんのこと、健診を通して予防歯科にも力を入れていきたい」と話している。歯冠修復

 30年ほど前に開院した「竹浦歯科」だが、経営者の意向で10月末に閉院。歯科医院の継承者として新たに開院先を模索していた川村院長に声が掛かり、竹浦歯科を引き継ぐことが決まった。エアスケーラー

 川村院長は1986年に東日本学園大学(現北海道医療大学)歯学部を卒業。89年に小樽で開業した後、北見や宗谷管内浜頓別町で歯科医院を経営してきた。浜頓別では、川村院長が1人で全ての小中高、保育園の歯科検診を行ったり、地域の保健医療の協議の場にも参加し、歯科医の立場から地域医療の推進にも力を注いできた。

 新たに開院した竹浦歯科では、「地方でも都会と同じような設備と技術を提供していきたい」とコンピューター断層撮影(CT)を導入。また、高齢者が多いことから、予防歯科や福祉施設への往診も行うほか、ニーズに応じて自宅への往診も検討している。

 初めての白老に「雪が少ない地域と聞いており、過ごしやすいのでは」と期待を膨らませ、「ここで骨をうずめるつもりで歯科医院を展開していけたら」と話している。

2017年11月29日(水) 12時43分
本年度の「親と子のよい歯のコンクール」(厚生労働省、日本歯科医師会の主催)で優秀賞を受賞した周南市久米の浅井恵さん(33)と長女の遥花ちゃん(4)親子が22日、市役所を訪れ、木村健一郎市長に喜びを語った。歯冠修復

同コンクールは、子どもの頃から健康な歯を維持し、80歳になっても自分の歯を20本以上保つ「8020運動」の啓発活動の一つ。昨年度、3歳児健康診査を受診した幼児とその親が対象で、虫歯の有無、歯並び、かみ合わせなどを審査し優秀者を選ぶ。エアスケーラー

浅井さん親子は、同市の1次選考、県の2次選考で最優秀賞を受賞。30都道府県で1位となった30組の親子が参加する中央審査会で、上位6組に選ばれた。

恵さんは子どものころから「食べたら歯を磨きなさい」という母の教えを守り続け、永久歯になって虫歯になったことがない。遥花ちゃんは「歯を磨くのが好き」と、歯が生え始めたころから進んで歯磨きを覚え、朝昼晩の食後の歯磨きを欠かしたことはないという。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/feb3c34b226c0f3bae7e4ed56bef08dc
2017年11月27日(月) 12時26分
 “人生100年時代”とも言われる中、55歳以上向けの合同就職面接会などが活況を呈している。定年後も働き続けたいと思う人が増える一方、少子化や景気回復による人手不足、結婚・出産に伴う女性の休職や退職に対応できる即戦力として、企業の側もシニア層に注目。職種は徐々に広がり、正社員やフルタイム契約、70歳以上も就労可能-といった求人も増えているという。(広畑千春) 歯冠修復

 29日にハローワーク姫路などが開く「高年齢者就職面接会」。55歳以上を対象にした兵庫県内最大規模の合同面接会で、初開催の昨年より10社多い51社が参加企業として名を連ねる。エアスケーラー

 神戸市内のハローワーク灘とハローワークプラザ三宮も10~11月、同様の合同面接会を開催。参加した大手マンション管理会社は約10年前に定年を65歳から69歳に延長した。担当者は「居住者との関係で人生経験が生きることが多いし、忍耐力もある。70歳を過ぎても引き続き働いてもらっている人もいる」と話す。

 厚生労働省が昨年度からハローワークに設けた55歳以上向けの「生涯現役支援窓口」が扱う求人は着実に増加。マンション管理や清掃、警備、調理補助に加え、ファストフード店など販売職も目立つ。企業間で人材の奪い合いも激化し、神戸市内の清掃会社の担当者は「『副業可』などの待遇面や賃金でアピールしないと人が来てくれない」と危機感を募らせる。

 求職者の意欲も旺盛だ。元建材卸売業の神戸市垂水区の男性(66)は「月5万円でも、10年間働ければ経済的に助かる。何より社会の一員として働き、お客さんに喜んでもらえる方が、生きがいになる」。同市灘区の男性(64)は「保険がしっかりあり、長く働ける職場を選びたい」と話す。

2017年11月25日(土) 15時38分
(1)Pepperによる受付業務
来院した患者さまの受付対応。また、顔認証の実現により、患者さまの診察券入力などの手間をかなり軽減することができます。歯冠修復

(2)Pepperに搭載したアプリによるカウンセリング機能
歯科医院でのカウンセリング機能を、パターン化し且つさらにAIを活用し学習させることで、人が対応するに近いレベルでのカウンセリングを実現します。エアスケーラー

(3)Pepperによる予約受付・管理
予約システム(メディカル革命 https://medical-reserve.co.jp/medical/)との連動を図り、且つ(2)のカウンセリング同様学習機能を活用し、最適な治療時間の算出などロスを最小限した予約管理が可能になります。

(4)Pepperによる次回予約機能
2017年11月23日(木) 16時00分
来年度の診療報酬改定をめぐり、日本医師会などが東京都内で集会を開き、将来にわたって国民が必要な医療を受けられるよう適切な財源を確保すべきだとして、報酬全体に加え、医師の人件費などにあたる「本体」部分に限っても引き上げを求める決議を採択しました。歯冠修復

来年度の診療報酬の改定をめぐり、日本医師会や日本歯科医師会、日本薬剤師会など、合わせて40の医療関係の団体が22日、東京都内で集会を開き、与野党の国会議員も含めておよそ800人が参加しました。エアスケーラー

この中で、日本医師会の横倉会長は「安倍総理大臣は、来年の春闘で3%の賃上げを経済界に要請しているが、政府は、医療に携わる300万人以上の賃上げに向けた覚悟を診療報酬の改定でしっかり示すべきだ」と訴えました。

そして、集会では「国民が健やかに活躍し続ける社会を実現するには、持続可能な社会保障制度の確立が不可欠で、将来にわたって国民が必要な医療と介護を十分、受けられるよう、適切な財源を確保すべきだ」として、診療報酬全体に加え、医師の人件費などにあたる「本体」部分に限っても引き上げを求める決議を採択しました。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/9203b051c48dd306a90fa2563cca9876
2017年11月17日(金) 12時58分
 第38回全国歯科保健大会(富山新聞社後援)は11日、富山市の富山県民会館で開かれた。富山では初の開催となる。全国の歯科医や一般参加者ら約900人が「よく噛(か)み、よく食べ、よく生きる。―健康寿命延伸はお口から」をテーマに、口の働きと健康維持について考えた。歯冠修復

 特別講演では、戸板女子短大客員教授を務める女優の菊池桃子さんが「長寿社会を笑顔で過ごす~大人の学びで見つけたヒント」と題して語った。菊池さんは40歳で大学院に進学した経歴に触れ「昨日まで知らなかったことが覚えられてうれしかった」と振り返り好奇心の重要性を説いた。エアスケーラー

 シンポジウムでは、県の前田彰久厚生部長と富大大学院医学薬学研究部の戸邉一之教授、日本歯科医師会の堀憲郎会長が「健康寿命延伸に向けて」と題して議論した。前田部長は歯周病予防支援事業など、県の政策を紹介し、戸邉教授は糖尿病と歯周病の関連性について語った。

 大会実行委員長の山﨑安仁県歯科医師会長と厚生労働省の武田俊彦医政局長、堀会長、石井隆一知事、富山市の今本雅祥副市長らが順にあいさつした。

 アトラクションでは、男子バスケットボール・Bリーグ富山グラウジーズのチアリーディングチーム「G.O.W」がパフォーマンスを繰り広げた。

2017年11月16日(木) 17時57分
腸内環境を善玉菌優位にする「菌活」が話題ですが、そのブームはオーラルケアにも到来! お口の中を善玉菌優位にして虫歯予防につなげようとするものですが、間違った歯磨きの仕方では逆に善玉菌を減らしてしまう可能性もあるとか。菌を味方につけて虫歯予防につなげる「口内菌活」とは? 自分で簡単にできるセルフケアの方法を、アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿の歯科医・小川朗子先生に伺いました!歯冠修復

バランスが大切! 身体の中の「善玉菌」と「悪玉菌」
そもそも私たちの身体の中には多くの菌が存在していますが、健康に良い働きをする「善玉菌」と、あまり良くない働きをする「悪玉菌」があります。これらの菌は口の中にもあり、普段はバランスを保っていますが、口の中で悪玉菌が優位になると虫歯や歯周病になってしまうのです。エアスケーラー

「虫歯菌」の代表格はミュータンス菌
口の中には、口腔常在菌と言われる菌が生息していて、中でも虫歯の主な原因となるのはミュータンス菌とラクトバチラス菌。特にミュータンス菌は、歯垢(プラーク)を温床として増殖し、歯の成分であるミネラルを溶かし、この状態が進むと虫歯になってしまうのです。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/55d9645106f3a649ed3ea06fb6df5219
2017年11月15日(水) 15時56分
小型家電ブランド「ブラウン」の充電式電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」がフルリニューアルし、2017年11月10日から全国で販売されます。歯冠修復

極細毛により歯垢除去力がアップ

「ブラウン オーラルB」は、歯科クリーニング器具に発想を得た独自の丸型ブラシが特徴。歯の1本1本を包み込むほか、3D丸型回転テクノロジーが歯垢をたたいて浮かし、左右反転運動で浮いた歯垢を素早くかきだしてくれます。エアスケーラー

今回のリニューアルでは、付属ブラシとして新たに「やわらか極細毛ブラシ」を採用。その細さは、なんと髪の毛の約8分の1の0.01ミリ。この極細毛が歯と歯の隙間やキワにフィットするため、歯ぐきをケアしながらさらなる歯垢除去が期待できるようになりました。

「スマート」「PRO」シリーズは、さらにパワーアップ。リチウムイオンバッテリーを搭載することにより、電池残量が少ない状態であっても安定した回転数を維持するほか、充電時間の大幅な短縮が実現しました。また「スマートシリーズ」には全ての機種にBluetoothが搭載され、連動するスマートフォンアプリが磨くか所や時間を正しくガイドしてくれるようになりました。

≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
NEXT ≫
 
2017 年 12 月
12
3689
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31