ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2017年07月05日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2017年07月05日(水) 17時04分
 歯を削る際に使う医療器具を、歯科医師が使い回すケースがある。佐賀県医務課によると、不十分な滅菌処理が原因で院内感染が発生した事例は報告されていないものの、患者ごとに交換や滅菌処理をするように国は通達を出している。県歯科医師会も指導しているが、コストや手間を省く現場があるようだ。歯冠修復

 交換や滅菌処理をせずに使い回される事例があるのは、ドリルの持ち手部分の「ハンドピース」といわれる器具。厚生労働省は2014年6月、院内感染対策の徹底を図るため、「患者ごとに交換し、オートクレーブ(高圧蒸気)滅菌をすることを強く勧める」という通達を出している。

 県西部のある歯科医師は「都市部では滅菌が常識」とした上で、県内で複数の医院に勤務した経験がある歯科衛生士や、患者の話をもとに「佐賀では滅菌されていないケースが少なくない」と問題視する。5年に1度の立ち入り検査を担当する保健福祉事務所職員の一人も「聞き取りを担当した医療機関の約半数で適切な滅菌処理をしていない」と感じている。エアスケーラー

 国立感染症研究所(東京都)細菌第一部の泉福英信室長の研究チームが14年、佐賀県を含まない複数の県の3152歯科医療機関を対象に実施した調査では、回答した891施設のうち「患者ごとに必ず交換」と答えたのは34%。一方、「交換していない」「時々交換」は66%に上った。

 泉福室長は別の調査結果も踏まえ、適切な滅菌をしていない医療機関は相当数に上るとみている。その上で「グローバル化でさまざまな感染症が国外から入ってきており、院内感染が今後も起きないとは言い切れない」と注意を促す。

2017年07月05日(水) 00時04分
「母親の学歴が高いほど子どもの虫歯の発症率は低い。同種の調査結果は他からも出ています。発症率の高低が逆転している年齢層があるのは、子どもの虫歯に気づかないなど治療を受けさせていない家庭がカウントされないからと考えられます」

 と相田准教授は指摘し、母親の影響力について説明する。

「学歴の高い母親の場合、虫歯の発症率が低いのはきちんとケアをしているから。母親の学歴が低い家庭では、子どもの虫歯をそれほど重要視していないと推測できます。病院に連れて行くのも母親が多いでしょうし、それだけ母親の影響というのは大きいということですね」

 放置された虫歯は自然治癒せず悪化の一途。

 “放置虫歯”対策で成果を出している自治体がある。

≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2017 年 11 月
234
561011
12131418
192021222425
2627282930