ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年02月09日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年02月09日(金) 16時14分
 1月29日~2月4日の県感染症情報によると、80定点医療機関のインフルエンザ患者報告数は前週から39人減の4405人で、2週連続で減少した。県健康危機管理課は「わずかに減ったが、ピークは続いており注意が必要」としている。歯科用ルーペ

 定点当たりの患者数は55・06人で、県全体で警報レベルが続く。御船を除く10保健所地域で警報レベルを超え、菊池(75・63人)、人吉(75・40人)、宇城(63・17人)などが特に多い。スリーウェイシリンジ

 型別の迅速検査では、B型が9割弱を占める。B型にかかった後A型にかかる例もあり、同課は「手洗いやマスク着用による『予防』の徹底と、せきやくしゃみを人に向けない『うつさない』両方の対策をとってほしい」と呼び掛ける。

 咽頭結膜熱(50定点)が17人増の40人で、菊池が警報レベルにある。百日ぜきが1人、報告された。(林田賢一郎)

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201802080001/
2018年02月09日(金) 16時12分
医療用セラミックスの世界市場規模は2017年の推計133億8000万ドルから、今後2022年には184億5000万ドル市場に拡大すると予測されます。活発な新製品開発、形成外科用途の需要増加、関節置換処置数の増加などは、同市場の支持要因に挙げることができるでしょう。歯科レントゲン

当レポートでは、2022年に至る医療用セラミックスの世界市場予測(市場規模US$)、マテリアルタイプ別市場(生体不活性セラミックス各種、生体活性セラミックス各種、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス)、用途別市場(歯科用途各種、整形外科用途各種、心血管系用途、外科用器具、診断機器、形成外科各種、その他用途)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、医療用セラミックス市場の現在と今後展開を予測分析していきます。シェードガイド

用途別、市場-2022年
歯科用途
・歯科インプラント
・歯科用クラウン/ブリッジ
・ブレース
・インレー/アンレー
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 2 月
3
410
1314151617
181920212224
25262728