ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年02月11日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年02月11日(日) 15時39分
口の中だけでなく、胃腸からの口臭ということもあります。胃腸で異常発酵したガスが身体に吸収され、血管内を通り肺に運ばれ、吐く息に悪臭ガスが混じることで、息も臭くなります。そのため、腸内環境を良好に保つことが口臭の予防につながります。歯科用ルーペ

<においが強い食べ物対策>
実際ににおいが強い食べ物を食べるときの予防策としては、飲食をする前に乳製品を摂取するとよいでしょう。乳製品のタンパク質が胃に膜を張り、食べ物やアルコールの臭い成分が全身の血液を循環することを防いでくれます。スリーウェイシリンジ

食前もしくは食事中に、乳製品を摂取しましょう。

口臭の改善方法
口臭の原因は、90%が口腔由来、10%が内臓疾患由来のものだと言われています。
原因を特定できたら、それに適した治療をすれば、おのずと改善していきます。
2018年02月11日(日) 15時29分
<一番の予防法は”口の中を乾燥させない”こと>

起床時は、就寝時に唾液が減少したことで、口の中の細菌が増加しています。歯科レントゲン
歯磨きをして物理的に細菌数を減らしたり、コップ1杯の水を飲んだりと、細菌を洗い流すようにしましょう。シェードガイド

また、朝食を摂ることで唾液が分泌されるので、口臭予防にもなります。
<自律神経も唾液分泌に大きく関わっている>
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、ストレスや緊張で交感神経が優位になると、唾液の分泌が減ってしまいます。

緊張で唾液の分泌が減っているときは、リラックスできるように心がけ、副交感神経を優位にしましょう。
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 8 月
234
5
121315161718
19202122232425
262728293031