ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年05月01日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年05月01日(火) 15時35分
 長泉町は2018年度、中学2年生を対象に胃がんの原因の一つであるピロリ菌の無料検査を始める。県内の自治体で、同菌の無料検査に踏み切るのは初めて。ピロリ菌の有無を早期に発見し、胃がんの発症リスクを低減させることで将来の医療費を削減する。歯科用ルーペ

 検査は町内の学校の定期健診に合わせて行い、尿検査で感染の有無を調べる。導入初年度に限り中学3年生も対象とする。スリーウェイシリンジ

 ピロリ菌は大きさ4ミクロン(千分の4ミリ)で、らせん型の形状をした細菌。感染すると徐々に胃炎を起こし、炎症がある粘膜にがんが発生する。順天堂大医学部(東京都)消化器内科の永原章仁教授(55)によると、ピロリ菌陽性の人から毎年0・5%ずつ胃がんが発症していることが分かっている。菌の保持が全て発症につながるわけではないが、国内の胃がん患者の99%がピロリ菌を有していたとの研究もあるという。

 感染は5歳くらいまでに主に唾液などを通して人から人へとうつる。「特に同じ食器を使って口移しなどで食事することがある家族間での感染が多い」(永原教授)。免疫が発達している成人同士ではほとんどない。10代半ばになると、検査で菌の有無がはっきり分かるようになる。

 町は親子間での感染確率が高いことに着目し、子どもの検査を通じて、「親自身も健康を見直し、ピロリ菌の検査や胃がんに関心を持つきっかけになってほしい」と期待する。

2018年05月01日(火) 15時33分
 白血球や赤血球のもとになる造血幹細胞に存在する遺伝子が、脂肪分の多い食事を取った場合に血液のがんである白血病の発症を防ぐことを、金大がん進展制御研究所・ナノ生命科学研究所の研究グループがマウスを使った実験で突き止めた。高脂肪食が原因の白血病は、さまざまな腸内細菌のバランスの変化を伴うことも判明した。白血病の予防や新たな治療法確立に役立つと期待される。歯科用インプラント機器

 造血幹細胞に存在する遺伝子「スプレッド1」は、細胞が分泌するタンパク質の刺激を抑制する働きを持つ。この遺伝子を欠損させたマウスに、ラードを多く含む高脂肪の餌を与え続けると白血病で死亡した。歯科用オイルレス

 造血幹細胞は「アークシグナル」と呼ばれるタンパク質が異常に活性化して、がん化が促され、スプレッド1は過剰な脂肪の摂取による白血病の発症を防ぐ働きがあることが分かった。

 過剰な脂肪摂取が白血病を誘発する原因を調べ、脂肪の多い餌を与えたマウスは、普通の餌を与えたマウスより腸内細菌の一種である「グラム陽性菌」の割合が増え、腸内細菌のバランスが崩れていることを見いだした。

 研究は金大がん進展制御研究所・ナノ生命科学研究所の田所優子助教、平尾敦教授らのグループが取り組んだ。成果は26日に米科学誌「セル・スティムセル」のオンライン版に発表した。

≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 5 月
5
6912
131418
2022242526
2728293031