ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年05月11日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年05月11日(金) 13時03分
 福島医大新医療系学部設置準備室の北爪しのぶ教授(50)らの研究グループが、腫瘍内の糖鎖「α2、6―シアル酸」がなくなると腫瘍の血管部分の細胞が死にやすくなるメカニズムを発見し、10日までに英国の科学雑誌「オンコジーン」オンライン版に発表した。研究成果は、従来にはない効果を持つ抗がん剤の開発につながる可能性があるという。歯科用ルーペ

 研究グループは実験で、「α2、6―シアル酸」が欠損しているマウスと通常のマウスそれぞれに腫瘍細胞を移植した。結果、欠損しているマウスは腫瘍の成長が通常のマウスより遅くなった。この糖鎖がないと、腫瘍内の血管部分の細胞に異常なシグナルが伝わり、細胞が死にやすくなることが分かった。スリーウェイシリンジ

 研究グループは現在、この糖鎖を作用しないようにするための化合物を探している。新たな化合物が見つかれば、抗がん剤として使われる「血管新生阻害剤」の開発につながるという。

 血管新生阻害剤は既に使われているものがあるが、期待したほどの効果が得られないケースが多いという。

 北爪教授は「既存の薬で用いられているものとは異なるメカニズムを発見した。血管新生阻害剤として新しい効果が期待できる」と話している。

2018年05月11日(金) 12時56分
 会津若松市にある福島医大会津医療センターは11日、開所から5年を迎えた。2017(平成29)年度の診療収入は約60億円になる見込みで、統合前の県立会津総合、県立喜多方両病院の合計額と比べて倍増するなど課題の病院経営は着実に改善している。へき地医療支援も進む。今後は人口減少に対応した医療体制の構築に力を入れる。歯科レントゲン

 診療収入の推移は【グラフ】の通り。医療センターの診療収入は統合初年度の2013年度の42億1000万円から年々増加している。2017年度の内訳は入院診療が約40億円、外来診療が約20億円となる見込み。会津総合、喜多方両病院の合計額は2009年度に28億5000万円にまで落ち込んでおり、当時と比較すると30億円以上も増えた計算になる。シェードガイド

 収入増の要因について、医療センターは医師の充実を挙げる。常勤医師数は統合前に両病院合わせて20人程度だったが、研修医を含めて70人近くになった。福島医大の付属病院に位置付けられたため、医師は診療の現場にいながら研究や教育に打ち込める。医療機器も近代化され、先端医療に身を置きたい医師が集まった。

 一般病床の稼働率は統合前の約60%に対し、2017年度は85%に上昇した。専門性の高い治療に対応できる医師が多くなったことで来院者が増え、入院期間の短縮にもつながっているという。

 医療センターは教育、研究、へき地支援などの政策医療による支出が多く、2017年度も15億円程度の赤字を計上するとみられる。ただ、統合前の約40億円の赤字に比べると大幅に圧縮される見通しだ。

≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 5 月
5
6912
131418
2022242526
2728293031