ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年06月12日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年06月12日(火) 16時26分
すべての歯間に入り込める音波歯ブラシは有効。手磨きの一番の利点は安い以外にありません」と話します。「手磨き以上に効果の高い電動歯ブラシのよさを伝える必要がある」とも。フィリップは電動歯ブラシについて、ユーザーの裾野拡大を目指して今回のソニッケアープロテクトクリーンを投入します。歯科用ルーペ

一方で、電動歯ブラシに対してはコスト以外にも、「磨く力が強すぎる」「歯を傷つけてしまうのではないか」という、苦手意識や懸念から利用しない人も多いそうです。フィリップスの松田氏によると、「初めて電動歯ブラシを使う人はブラシを強く当ててしまう傾向にある」とのこと。スリーウェイシリンジ

そこで新シリーズで搭載されたのが"過圧防止センサー"です。ブラッシングで力を入れすぎるとセンサーが反応し、ハンドルランプと振動によって知らせることで、力の入れすぎを防ぐための機能です。

新シリーズでは、3つのモデルをラインナップ。動作モードは、スタンダードモデル「ソニッケアープロテクトクリーン」が通常のブラッシングモードである“クリーン”のみ、上位モデルの「ソニッケアープロテクトクリーン<プラス>」が歯茎ケア用の“ガムケア”を加えた2種類、最上位モデルの「ソニッケアープロテクトクリーン<プレミアム>」はさらにステイン除去に有効な“ホワイト”モードを加えた3種類のモードが搭載されています。ブラッシングの強さはスタンダードモデルが2段階、他の2モデルは3段階で設定可能です。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201806110001/
2018年06月12日(火) 16時07分
日本の歯科医・歯科衛生士における使用率が10年連続ナンバーワンであるなど、大きな支持を受けるフィリップスの電動歯ブラシシリーズ「ソニッケアー」。しかし、日本での電動歯ブラシのユーザーは2割未満だといいます。歯科レントゲン

そこで、電動歯ブラシ初心者に向けた新製品として、フィリップスから7月2日に発売されるのが「ソニッケアープロテクトクリーン」シリーズです。フィリップス・ジャパンは、6月11日、新製品の発売に先駆けた説明会を開催しました。シェードガイド

フィリップス・ジャパン パーソナルヘルス オーラルヘルスケアシニアマーケティングマネージャーの松田博幸氏によると、電動歯ブラシの利用者はドイツ33%、イギリス25%などに比べて日本は20%以下に留まります。その理由としては「手磨きで満足している」(58%)、「価格」(35%)、「ランニングコスト」(18%)と、1本100円~200円くらいで買える通常の歯ブラシに対してコストが高いことが挙げられます。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18553052.html
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 10 月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031