ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年06月13日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年06月13日(水) 13時08分
■実験対象:2名(歯並びの良いCさん、歯並びの悪いDさん)
■実験方法:染色剤をつけて、30秒毎に口腔内をチェック。きれいに磨けるまでの時間を比較。歯科用ルーペ
■実験結果:歯並びの良い人よりも悪い人のほうが、約60秒きれいに磨けるまでの時間が長いという結果に。

磨き始めてから30秒後、歯並びの良いCさんは歯と歯の間のくぼみや隙間にまだ汚れが残っているものの表面はすでにきれいに磨けている状態に。それに対し、歯並びの悪いDさんは歯並びが凸凹しているので内側に凹んでいる歯の表面や歯と歯の間、歯列が重なっている箇所にはまだ色残りがあります。60秒後、Cさんは全体的にきれいになり、隙間の汚れも取れてきているにも関わらず、Dさんは、犬歯(八重歯)の後ろ側や、犬歯と接触しているところが凹んでおり、歯ブラシが飛び越えてしまうため、汚れが顕著に残っています。全体的にきれいになるまで、歯並びの良いCさんは120秒かかりました。歯並びの悪いDさんは、180秒かかっても歯列が重なっている箇所を最後まできれいに落とし切ることができず、約1分(60秒)の差が生まれました。スリーウェイシリンジ

歯磨き時間の差をお金に換算すると…
「実験2」では、歯並びの良い人と悪い人とでは、歯がすべてきれいになるまでの歯磨き時間の差は「1分」でした。歯磨き時間の差をお金に換算すると、以下のように試算できます。

1回の差が1分で1日2回のブラッシングを1年続けると…
2018年06月13日(水) 13時05分
歯並びの良いAさんは、A-A2の画像の上顎の歯の裏側に汚れが少し残っているものの、全体的にはピンクの色づきが落ちて白くなっていることが分かります。歯並びが良いと、60秒間のブラッシングでも全体的に汚れが落とせていることが確認できました。それに対し、歯並びの悪いBさんは、表面的にはきれいに磨けていたように思えましたが、B-A2の画像を見ると上顎の裏側にかなりの磨き残しが確認できました。口を閉じた際に歯が重なる部分の磨き残しが目につきます。歯科レントゲン

口腔内を3Dカメラで撮影するだけで歯型を採ることができるのが、口腔内スキャナーです。デジタル技術の活用により、より迅速で正確に歯の状態を把握することが可能になりました。シェードガイド

取り込んだ3D画像はすぐに確認でき、現在の歯と矯正治療後のイメージ画像を視覚化できることが大きな利点。口腔内スキャナーを駆使することで治療時間の短縮、精度の向上が見込めるだけでなく、患者様が自身の歯並びの特徴について歯科医師と一緒に確認することも可能です。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18554411.html
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 6 月
12
359
1016
1720212223
24252627282930