ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年08月07日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年08月07日(火) 13時25分
私は歯が丈夫な方なので、一度歯医者に行けば、次に行くのは10年後という感じでした。

歯を磨き、フロスをしているので、それが多かれ少なかれ効いていたのでしょう。家族に促されて年2回歯医者に行くようになっても、虫歯すら見つかったことがありません。歯科用ルーペ

しかし、20代前半に親知らずが生えてきてからは、診てもらった歯医者全員が、親知らずは本当に抜いた方がいいと力説してきました。

親知らずというのは、抜くのが一般的な治療法です。米国公衆衛生誌に載っていた2007年の研究によると、年間に500万人が1000万本の親知らずを抜いているそうです。実際、10代後半〜20代前半の若者にとっては人生の通過儀礼のようなものです。スリーウェイシリンジ

あと数週間で39歳になる私は、いまだに4本の親知らずがすべて残っており、なかなかのレアケースだと思います。なぜなら「どうして完璧に機能している健康な骨格の一部を、自発的に抜かなければならないのだろう?」とずっと考えていたからです。

2018年08月07日(火) 13時20分
 日本人の高齢者では、残存歯の本数と食べる速さ、歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃用具を使う頻度がメタボリック症候群と関連する可能性のあることが、愛知学院大学歯学部口腔衛生学教授の嶋崎義浩氏らの研究グループの検討で分かった。歯科レントゲン

 同氏らは「高齢になっても歯の本数を保ち、ゆっくりと食べることがメタボリック症候群の予防に重要だと思われる」と話している。詳細は「Journal of Epidemiology」6月16日オンライン版に掲載された。シェードガイド

 これまで多くの研究で、歯周病や残存歯の本数などで評価する口腔内の健康状態は、メタボリック症候群と関…

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18611590.html
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 8 月
234
5
121315161718
19202122232425
262728293031