ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2018年09月11日の一覧 … 2 件
≪ PREV
1
NEXT ≫
2018年09月11日(火) 11時54分
 どこにでもいる「普通の母ちゃん」が政治の道に飛び込み、家族5人で挑んだ選挙戦。沖縄県読谷村議にトップ当選した新人の城間真弓さん(40)は、9日午後11時すぎ届いた吉報に、選挙運動で日焼けした顔を涙でくしゃくしゃにした。「赤ちゃんからお年寄りまで、平和で安心して暮らせる読谷を目指したい」と喜びをあふれさせた。歯科用ルーペ

 「ママだって政治に声上げてもいい。命懸けで産んだ責任があるから」。政治に無縁な家族への影響を考え、半年悩んで決めた立候補。10年続けた大好きな保育士の仕事も辞めた。あまりの心細さにプラカードで顔を隠し、泣いたこともある。弱気になっても夫盛松さん(39)から「大丈夫!」と背中を押され、3人の子どもの笑顔に励まされた。スリーウェイシリンジ

 力を入れたいのは子育て支援や福祉だ。4年前に偶然見たドキュメンタリーを機に新基地建設問題に向き合い「自分の足元を含めて全てが政治とつながっている」と気付いた。保育士やママの立場で子育ての悩みに接し、政治の力で社会を変えたいと思った。

 「私たち大人が政治を諦めれば、この子たちの未来はどうなる」。もう見て見ぬふりはしないと、決意を新たにした。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201809100001/
2018年09月11日(火) 11時50分
 女性の健康をサポートしようと、「女性の健康力を考えるセミナー」(ミズ・大塚製薬共催)が8日、佐賀市のアバンセで開かれた。こいけクリニック(佐賀市)の小池健太院長らが講演し、11人に1人が発症している乳がんの検査受診とセルフチェックの重要性を呼び掛けていた。歯科レントゲン

 小池院長は「乳がんから自分自身を守るために」と題して講演した。「乳がんは初期段階なら治療しやすいがん」と話し、死亡率が増えている理由として検査受診率の低さを挙げた。受診率が米国や英国では約7~8割であるのと比べ、日本は約3割ほどという。小池院長は「受診率が50パーセント以上にならないと死亡率は減らない。まだまだ十分でない」と指摘した。シェードガイド

 また乳がんは発症原因の90パーセントが生活環境によるもので、「禁煙や週3日の運動を意識して」と呼び掛けた。腕を上げてしこりや乳首のくぼみを確認する自己診断も紹介していた。

 セミナーは薬剤師や医師も講演し、82人が参加した。佐賀市から来た稲田英美さん(48)は「乳がんはテレビでも多いと聞いて気になっていた。自分でできることは気に掛けてやっていきたい」と話していた。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18648381.html
≪ PREV
1
NEXT ≫
 
2018 年 9 月
1
2
915
1619202122
23242526272829
30