ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年09月10日(月) 16時09分

医療的ケア児の通学支援 看護師の重要性を指摘

 人工呼吸器の装着やたんの吸引など医療的なケアが日常的に必要な子ども(医療的ケア児)の通学支援について、熊本大医学部付属病院小児科の野村恵子医師が8日、長崎市興善町の市立図書館で講演し、学校で働く看護師の役割の重要性を指摘した。歯科レントゲン

 長崎大学病院小児科と市立図書館の共催企画。福祉や行政関係者、医療的ケア児の保護者、大学生ら約110人が参加した。シェードガイド

 野村医師は、在宅で人工呼吸器を装着している子どもの母親がケアで忙しく、まとまった睡眠が取れずにうつ症状を示すことも少なくないと説明。子どもが障害を理由に通学できなかったり、学校所属の看護師がいても保護者の同伴を求められたりしている現状を紹介し、「人工呼吸器の管理と障害のある子どもの発達の両方を理解できる看護師が必要だが、人材が不足している」と指摘した。

 熊本県では保護者の負担を軽減しようと、代わりに訪問看護師が学校で子どもに付き添う事業に取り組んでおり、千葉県では学校所属の看護師と教員が協力してケアを実施しているという。野村医師は「国は医療的ケア児の学校への受け入れに積極的だが、現実は地域ごとに手探りで安全を第一に対応を検討している」と話した。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18646100.html
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_0104169107e29a1
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 9 月
1
2
915
1619202122
23242526272829
30