ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年05月15日(火) 16時01分

歯の矯正はどんなことをする?抜歯はしなくてはいけないの?

歯の矯正治療では実際に装置をはめて治療を開始する前に相談や検査、診断、準備などを行います。矯正治療後も安定を促すための保定期間が必要です。歯科矯正治療の流れと、矯正治療中の気になる痛みや抜歯について説明していきます。歯科用ルーペ

見た目の悩みや日常生活に支障をきたす症状がある場合には矯正治療の対象となります。

初回診察時の相談では歯並びや噛み合わせの状態を確認し、大まかな治療方針や治療にかかる期間、費用、治療方法などについての説明を受けます。スリーウェイシリンジ

将来的な予測も踏まえたうえで、効果的な治療方法の提案が医師からあります。目立ちにくい装置や痛みの少ない治療法の希望など、効果や治療期間、見た目、費用などの希望を伝えながら最良の装置での治療方法を決定していきます。

矯正装置によってそれぞれメリット、デメリットがあるので、患者さんの状態と希望に合うものを決めていきます。

虫歯や歯周病がある場合には矯正治療を行う前に治療を行う場合があります

また、場合によっては矯正治療を行う前に抜歯が必要となることもあり、処置や治療が必要となってきます。

矯正治療
実際に矯正装置をつけて歯を動かしていく治療を行います。1か月に1回程度の通院で、状態を確認しながら毎回必要な処置を行います。

代表的な矯正装置にマルチブラケット装置があります。小さな金具を歯の表面につけ、ワイヤーを通して圧力をかけて歯を少しずつ動かしていきます。銀色の金属製のものと、白や透明の見た目に目立ちにくいプラスチック製またはセラミック製のものとがあります。

歯の裏側に矯正装置をつけて見た目にわかりにくいリンガルブラケットや矯正用インプラントを顎に埋め込んでマルチブラケットと併用して行う治療方法もあります。透明のマウスピースを歯に装着して行う治療方法もありますが、いずれも患者さんにとって最適な器具を選んで利用します。

保定
矯正治療で歯を動かし終わったら、歯並びの安定のために保定装置を装着します。歯並びが安定するまでの大切なステップです。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201805110001/
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_0325261107e25ff
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 5 月
5
6912
131418
2022242526
2728293031