ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年07月03日(月) 23時07分

より高度な診療が可能に

戦後1950年代後半には白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機が、60年代半ばにはカラーテレビ、クーラー、自家用車が「三種の神器」と言われました。歯科にも「三種の神器」といわれているものがあることをご存じでしょうか。

 歯科の分野で注目を集めている医療機器は〈1〉歯科用CAD/CAMシステム〈2〉歯科用マイクロスコープ〈3〉歯科用CT―の三つです。いずれも高価ではありますが、より高度な診療が可能になります。

 「歯科用CAD/CAM」は、口腔(こうくう)の修復物をコンピューターにより設計、製造を行う機器です。 歯冠修復

 一部保険診療にも導入されていますが、口の中で直接スキャニング(読み取り)するものは自費診療に該当し、保険では従来通り型をとって作製します。

 「歯科用マイクロスコープ」は、医科の手術で使われていた手術用顕微鏡を歯科用にしたものです。肉眼やルーペを使用しても見えない小さなむし歯や、複雑な歯の根の中を見ることができます。 エアスケーラー

 「歯科用CT」は、断層画像を得ることができる装置です。今までは2次元で見ていたレントゲン画像を、3次元で立体的に見ることができます。

 これらの医療機器の普及率はまだ低いですが、より高度で正確な治療が期待できるものです。

http://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1676028
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_03c4b7177e1730
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 7 月
2478
915
1622
23242526272829
3031