ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年07月31日(月) 17時34分

スポーツ歯科医100人認定へ

 認定事業を担当する県歯科医師会理事(学校歯科)の高橋均さんは「スポーツ歯科学の分野は、大学の歯学部でも正式な講座を設けているところはまだ少ない。選手を科学的に支える専門職の一つとして、県内の態勢を整える必要がある」と話す。歯冠修復

 スポーツマウスガードは、激しい接触を伴うアメリカンフットボールやラクロス、ボクシング、テコンドーなどで着用が義務付けられている。ラグビーやホッケーなどにも広がっており、けがや脳振とうを防ぐほか、競技に集中できる効果もあるという。エアスケーラー

 県歯科医師会は今後、福井国体の強化指定選手の希望に応じ、歯並びやあごの形に合わせてスポーツマウスガードを作り、無償提供する予定。

 理事(広報)の中村孝久さんは、「中高生の選手は部活動などで定期的なケアが難しい場合が多いが、歯と口の状態は食事など体づくりに影響する。将来的には、小学生の年代から歯科医が選手の健康と成長に関わる態勢を視野に入れている」と述べた。

http://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1688037
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_0792222117e171ff
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 11 月
234
561011
12131418
192021222425
2627282930