ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年07月02日(月) 12時29分

食後すぐ磨く、は逆効果

現在では、食後すぐに磨くことは逆効果で、歯磨きの回数よりも、いかにタイミングよく、プラークをコントロールするかが大事と考えられている。歯科用ルーペ

プラークの原因になる細菌が、最も口腔内に増える時間帯は、唾液が減少する睡眠中~朝の起きぬけの間だ。ここで細菌を増やさないようにすることが、プラークコントロールにおいては大切になる。だから、歯磨きするタイミングは、就寝前と、起床時の2回がよい。他の先進国では、このタイミングでの歯磨きが推奨されている。スリーウェイシリンジ

一方、食後すぐは、食べ物と唾液の流れによって、細菌は最も少なくなっている。細菌の塊(かたまり)であるプラークは、食後8時間くらいから形成され、そのまま歯にくっついていると、食後48時間程度から、がっちりと固着するバイオフィルムが形成される、というスケジュールだ。

プラークは、セルフケアでも落とせるため、食後にあせって歯ブラシで磨く必要はない。バイオフィルムが形成されると、通常、セルフケアでは難しいので、歯科の専門的なケアが必要になる。

食後は、食べ物の影響で、口腔内が酸性に傾いている。特に現代人の嗜好する甘いものや肉類、アルコールなどは、酸性になりやすい。その状態で、研磨剤や界面活性剤などの入った歯磨き粉をつけて歯磨きしてしまうと、歯のエナメル質を削り、粘膜を傷めてしまうことになる。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201806300001/
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_3cf341dc7e2725
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 7 月
157
8
15172021
22232425262728
293031