ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年08月07日(月) 18時11分

難治性の小児悪性固形腫瘍で医師主導治験を開始

国立大学法人東京医科歯科大学医学部附属病院・大学院医歯学総合研究科茨城県小児周産期地域医療学講座の高木正稔准教授らのグループはこのほど、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院と共同で、難治性の小児悪性固形腫瘍患者を対象とし医師主導治験を開始したと発表した。PARP阻害薬オラパリブ錠の安全性及び忍容性を評価し、フェーズ2の推奨用量を決定する。治験薬はアストラゼネカから提供を受ける。歯冠修復

標準治療に抵抗性の難治性小児悪性固形腫瘍の予後は不良という。東京医科歯科大の高木教授らの研究グループは、神経芽腫の約半数にDNA損傷修復応答機構にかかわる遺伝子に異常を認め、DNA損傷修復を標的としたPARP阻害剤オラパリブが有用である可能性を見出した。そこで、まずは、3歳から18歳の小児悪性固形腫瘍のうち2種類以上の化学療法レジメンを行った後に腫瘍が残存する最大で18人の患者(造血器腫瘍、脳腫瘍は除く)を対象に、オラパリブの安全性を確認することから始めることにした。エアスケーラー

研究費は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) の「臨床研究・治験推進研究事業」で支援する。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/d6e22ff95607c03fdb71018fef1d6b32
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_616e14b127e1876
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 10 月
147
89111314
151718192021
22232425262728
293031