ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年06月04日(月) 18時03分

昭和大学歯科病院として日本で初めて矯正歯科治療にう蝕

 CAMBRA(Caries Management By Risk Assessment、以下CAMBRA(TM))は、カリフォルニア歯科医師会とカリフォルニア大学サンフランシスコ校の共同により開発された、将来のう蝕発生リスクの分類とリスク別推奨処置をプロトコル化したう蝕管理法。歯科先進国アメリカにおいて歯科大学65校中40校が教育プログラムとして導入しており、う蝕管理のスタンダードとして既に確立されている。歯科用ルーペ

 日本では、株式会社ヨシダ(東京都台東区、代表取締役社長:山中一剛)と株式会社KIDS DENTAL PARK(東京都港区、代表取締役社長:神保剛康)の二社による独占契約の管理プログラムとなっている。スリーウェイシリンジ

 専用機器による唾液検査や細菌の測定、磨き残しチェック、生活習慣に関する問診など、さまざまな数値や視診から、口腔内のリスクを4段階評価。「現在の口腔内の健康状態」と「元々の口腔内の個人資質」、「生活習慣」から虫歯を起こす力と虫歯を防ぐ力のバランスがどちらに傾いているかを評価し、一人ひとりのライフスタイルに合ったプログラムで口腔内バランスを管理する。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201805310001/
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_8182333127e264a
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 6 月
12
359
1016
1720212223
24252627282930