ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年10月30日(月) 14時45分

ドライソケットにならないよう予防するには 抜歯後...

<1>血が止まるまでガーゼをしっかりとかむ 歯冠修復

きちんと血の塊ができれば血は止まり、抜歯によって生じた穴がふさがっていきます。出血している間にガーゼを外してしまうのではなく、血が止まるまでガーゼをしっかりかむようにしましょう。エアスケーラー

<2>口を極力ゆすがない

「血の味がするから気持ちが悪い」、また「食べ物が入ったから取り除きたい」といって、抜歯後に水でぶくぶく口内をゆすぐのはNGです。うがいが多すぎることが、ドライソケットを起こしやすくする最大の原因といわれています。抜歯後数日は、ぶくぶく口の中をゆすぐのは避けるようにしましょう。

<3>抜いた部分を触らない

抜いた部分の穴が気になって、指や舌で何度も触ってしまう人がいますが、このように何度も触れると、抜歯部分が細菌感染を起こしやすくなってしまいます。また、せっかくできた血の塊が剝がれてしまうかもしれません。気になっても触らないようにしてくださいね。

http://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1728875
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_855342de7e1a1e6
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 12 月
12
3689
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31