ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年03月10日(土) 12時30分

地元紙も大きく報道--「歯みがき教室」については

 ホーチミン市の小学校で開催された「歯みがき教室」を主催した「トイチェ」は、1975年に創刊された日刊紙。ホーチミン共産主義同盟の所属機関でもあり、青年新聞的な役割も担っている。最盛期は50万部を発行。ベトナム国内では最大級の新聞だ。汚職問題など硬いニュースから、身近な街の話題まで、幅広いテーマを取り上げ、市民に親しまれているメディアだ。歯冠修復

 「歯みがき教室」については、まず2月1日紙面で、グエン・フエ小学校での様子を写真付きで報じた。さらに、4日紙面では、カラー写真4枚を使って、4小学校での「教室」を詳報した。見出しは「虫歯予防のために正しい方法で歯をみがきましょう」。細菌が動き回る口の中の映像を見て驚く小学生の反応に始まり、歯科衛生士による歯みがきの指導内容を詳しくリポート。参加者の「これからは常に歯をみがいて、あまりおやつを食べないようにしたい」などという感想を紹介し、歯科衛生士の小林桃子さんの「食後に歯をみがくことを習慣にし、親子で実践してもらいたい」というコメントを掲載した。エアスケーラー

果たすべき役割大きい ライオン国際事業本部長・鈴木均さん
 ベトナムのホーチミン市で行われた「歯みがき教室」に協賛したライオンの鈴木均執行役員国際事業本部長に啓発活動に取り組む背景や今後について聞いた。

 指導した小林さんは「一定の時間に食事をし、食後に正しい方法で歯をみがく習慣をベトナムの人にも身に着けてほしいと思います。それには親子で歯みがきに取り組むことが大切です」と話していた。

 このほか小林さんらは現地の日本人小学校でも「歯みがき教室」を開催。国立チョーライ病院を親善訪問し、スーパーマーケットでは買い物客を対象にオーラルチェックをするイベントも実施した。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201803090001/
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_91dd91ec7e23a9
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 9 月
1
2
915
1619202122
23242526272829
30