ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年09月07日(金) 12時14分

腎結石治療せず放置、最悪命関わる

 2月の豪雪で連日除雪していた際、股間の右側に鈍い痛みを感じました。それからは、普段は何ともないのですが、畑仕事やウオーキングで無理をしたときに痛みます。近くの内科でエコー検査したところ、腎結石があり、大きさは1・08センチと言われました。特に治療の必要はないとのことでしたが、石が大きくならないか心配です。腎結石についてや、今後気を付けることなどがあれば教えてください。(福井県鯖江市、78歳男性) 歯科レントゲン

 【お答えします】島田貴史 福井県済生会病院 泌尿器科医長

 ■10ミリ以上で治療も考慮

 尿は腎臓で作られ、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道を経て体外へ排出されます。これら尿の通り道を尿路と総称します。尿路にはさまざまな原因で結石が形成されることがあり、発生した部位により腎結石や尿管結石などと呼ばれます。シェードガイド

 男性では7人に1人、女性は15人に1人が、一生に一度は罹患(りかん)するとされており、好発年齢は男性40代、女性は50代です。

 症状は血尿と疼痛(とうつう)です。疼痛は尿路の急激な閉塞(へいそく)によって生じるため、腎結石が存在しても尿管に下降しなければ無症状のことが多いです。尿路が閉塞した状態が続くと、細菌感染を来すことがあり(腎盂腎炎(じんうじんえん))、38度以上の強い発熱が起こり、放っておくと敗血症に至って、最悪の場合、命に関わることもあります。

 次に治療方針ですが、小さい結石や症状がない時は経過をみます。ただし、尿管結石の場合はサイズが10ミリ以上、あるいは1カ月様子をみても排石しないときには積極的な治療を選択します。また、腎結石の場合、増大傾向にある結石や10ミリを超える結石の場合は積極的な治療も考慮され、複数の結石があったり症状出現の可能性が高いと思われたりする場合には積極的な治療を選択します。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18644251.html
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_a2ac19ec7e297d
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 9 月
1
2
915
1619202122
23242526272829
30