ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年05月18日(木) 10時40分

奥歯でも前歯でもインプラントで機能回復できます

虫歯や歯周病、事故等で歯を失った時に、これまでは入れ歯やブリッジでしか対応できませんでした。現在では失った歯の歯根の代わりにインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に被せ物を取り付けることで、失った歯の機能を回復させることが出来ます。義歯関連材料

失った歯が奥歯の場合、インプラントによってしっかりと噛む力が出るため、硬いものでも何でも食べられるようになります。歯周病で歯を失った方は歯がぐらぐらするのを気にしながら食事をされていたと思います。そのような方にとって、インプラントの歯でしっかり噛めて何でも食べられるということは、この上ない快感なのではないでしょうか。
歯科ハンドピース用 カートリッジ

失った歯が前歯の場合は、何といっても他人からの見栄えを一番気にされてきたと思います。インプラントの被せ物をセラミックにすることで、天然の歯とそっくりの色に作れますので、他人から義歯だと気付かれることはまずないでしょう。歯科用知覚過敏抑制材料

RDT®手用ニッケルチタンロータリーファイル(Ni-Tiファイル)

インプラントは骨にしっかりと固定されていますが、インプラント治療後は歯周病を起こさないように天然歯と同じように毎日のケアをしなければなりません。つまり、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス等でていねいにケアを行い、歯垢が溜まらないように気をつける必要があります。

そして数か月に一度は歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングをお受けください。その際に歯ぐきが炎症を起こしていないか、歯周ポケットが深くなっていないか、歯科衛生士がチェックしながら歯をきれいにクリーニングします。そうすることでインプラントを永く快適に機能させることが出来ます。

関連記事:子どもの歯肉炎を予防するには
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_b244328a7e1512a
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 6 月
123
458910
111213
182124
252930