ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年06月13日(水) 13時05分

歯が重なる部分の汚れが歯磨きをしても落とし切れない

歯並びの良いAさんは、A-A2の画像の上顎の歯の裏側に汚れが少し残っているものの、全体的にはピンクの色づきが落ちて白くなっていることが分かります。歯並びが良いと、60秒間のブラッシングでも全体的に汚れが落とせていることが確認できました。それに対し、歯並びの悪いBさんは、表面的にはきれいに磨けていたように思えましたが、B-A2の画像を見ると上顎の裏側にかなりの磨き残しが確認できました。口を閉じた際に歯が重なる部分の磨き残しが目につきます。歯科レントゲン

口腔内を3Dカメラで撮影するだけで歯型を採ることができるのが、口腔内スキャナーです。デジタル技術の活用により、より迅速で正確に歯の状態を把握することが可能になりました。シェードガイド

取り込んだ3D画像はすぐに確認でき、現在の歯と矯正治療後のイメージ画像を視覚化できることが大きな利点。口腔内スキャナーを駆使することで治療時間の短縮、精度の向上が見込めるだけでなく、患者様が自身の歯並びの特徴について歯科医師と一緒に確認することも可能です。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18554411.html
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_b3ac255d7e26d7
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 6 月
12
359
1016
1720212223
24252627282930