ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年07月28日(金) 15時40分

歯の根治療 3年後、あごに痛み

Q 歯の根治療 3年後、あごに痛み

 3年前、虫歯で左下の歯の根を治療しました。最近、その歯に近いあごの骨のあたりが痛み、歯茎が腫れました。原因は何でしょうか?(女性・45歳)

A 根管に細菌 歯周炎に

 歯の根の治療(根管治療)は、虫歯が悪化して歯の神経にまで炎症が起きたり、何らかの原因で神経が死んでしまったりしたときなどに行います。抜髄(ばつずい)(歯の神経を抜く)をし、神経が通る管の根管を洗浄、殺菌して感染を防ぐ薬で満たします。治療が不十分な場合、細菌感染による根尖性(こんせんせい)歯周炎が起こりやすくなります。歯冠修復

 よくある症状は歯の根や周辺が腫れ、うずきや痛み、うみがでます。神経はないので、虫歯のようにしみる痛みは感じず、歯をたたいたりかんだりすると、痛みが出るのが特徴です。

 根管治療がきちんとされていても、数年たって起こることもありますし、歯ぎしりや歯をぶつけるなどして歯根が割れる歯根破折(はせつ)になっても同様の症状が出ます。

 根尖性歯周炎の場合は根管を再治療します。場合によっては腫れたり、うんだりしている部分を取り除く歯根端(しこんたん)切除手術をします。エアスケーラー

 歯根破折の場合は、歯根を元に戻す再植術という治療もあります。ただし、再植術は特殊な技術が必要なため、すべての歯科医療機関で行っているわけではありません。

 口の中には無数の細菌がいて、根管治療をしっかりしても、細菌感染のリスクをゼロにはできません。根管治療の後も、歯の根のあたりや歯茎がうずいたり、痛みが出たりした時は早めの歯科受診が大切です。

http://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1687552
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_c3213328f7e171cd
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 12 月
12
3689
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31