ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年02月05日(月) 15時04分

新鮮なブリ求め3万人繰り出す 真庭で伝統の「北房ぶり市」

 真庭市北房地域で300年以上続く「北房ぶり市」(呰部商店会主催、山陽新聞社後援)が4日、同市下呰部の呰部商店街一帯で開かれ、約3万人(主催者発表)が新鮮なブリを求めて繰り出した。歯科レントゲン

 江戸時代、一帯は伊勢亀山藩(現三重県)の飛び地で、藩が正月にブリを食べるよう奨励したことから始まった旧正月の伝統行事。「ぶり市の風に当たると風邪をひかない」と伝わっている。シェードガイド

 歩行者天国となった会場の3カ所に「ぶり小屋」が設けられ、鳥取県の境港で水揚げされた天然物など約400匹を、市価より3割程度安く販売。業者が慣れた手つきでさばくと、家族連れらが脂の乗った切り身を次々に買い求めていた。

 ブリを使った雑煮を振る舞う出店も人気を集めたほか、当時さながらに代官役が領主から届いたぶり市の許可状を読み上げる伝達式もあった。

 10キロのブリを1本買いした倉敷市、主婦(64)は「おいしい寒ブリを一年の健康も願って毎年購入している。刺し身やブリ大根にして味わいたい」と話した。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1776068
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_d2a5104f7e225c
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 8 月
234
5
121315161718
19202122232425
262728293031