ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年05月01日(火) 15時33分

白血病防ぐ遺伝子発見 金大研究グループ 治療法確立に期待

 白血球や赤血球のもとになる造血幹細胞に存在する遺伝子が、脂肪分の多い食事を取った場合に血液のがんである白血病の発症を防ぐことを、金大がん進展制御研究所・ナノ生命科学研究所の研究グループがマウスを使った実験で突き止めた。高脂肪食が原因の白血病は、さまざまな腸内細菌のバランスの変化を伴うことも判明した。白血病の予防や新たな治療法確立に役立つと期待される。歯科用インプラント機器

 造血幹細胞に存在する遺伝子「スプレッド1」は、細胞が分泌するタンパク質の刺激を抑制する働きを持つ。この遺伝子を欠損させたマウスに、ラードを多く含む高脂肪の餌を与え続けると白血病で死亡した。歯科用オイルレス

 造血幹細胞は「アークシグナル」と呼ばれるタンパク質が異常に活性化して、がん化が促され、スプレッド1は過剰な脂肪の摂取による白血病の発症を防ぐ働きがあることが分かった。

 過剰な脂肪摂取が白血病を誘発する原因を調べ、脂肪の多い餌を与えたマウスは、普通の餌を与えたマウスより腸内細菌の一種である「グラム陽性菌」の割合が増え、腸内細菌のバランスが崩れていることを見いだした。

 研究は金大がん進展制御研究所・ナノ生命科学研究所の田所優子助教、平尾敦教授らのグループが取り組んだ。成果は26日に米科学誌「セル・スティムセル」のオンライン版に発表した。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1817044
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_dbf521f7e2510
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 10 月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031