ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年09月05日(火) 18時15分

矯正の失敗とはどんな症状?

歯並びの改善が見られない、 時間がかかりすぎているという症状は、歯列矯正の代表的な問題です。歯冠修復
矯正を始めてから想定期間を何年も経っているのに出っ歯などの悪い歯並びが改善されないケースがあります。また、歯並びの改善が完ぺきではない状態で治療終了になるケースもあります。

他には口の中心があっていないという場合があります。エアスケーラー
矯正治療は終了したはずなのに、口の中心がずれてしまって咀嚼が上手くできなくなってしまうことがあります。矯正で改善するはずが、矯正によってずれてしまって、その状態で食事を続けることにより体の不調も引き起こしてしまう場合があります。

そして噛み合わせが悪化した場合も問題です。
矯正治療により前歯が出てしまい口が閉じなくなってしまったケースがあります。前歯で噛むことができなくなってしまい、奥歯で物をかむようになるため、奥歯だけに負担がかかってしまうようになります。

他にも顎に痛みがでてしまうことがあります。この原因として矯正により、かえって噛み合わせが悪くなり、顎に負担がかかってしまうという点が挙げられます。顎関節症になる恐れもあり、口をあけるたびに音がするようになってしまい、咀嚼する場所も定まらなくなってしまいます。

そして歯の根がぐらつくということも起こる場合があります。
矯正治療は、歯に負荷をかけて歯を動かしていくので、歯の根がぐらついてしまうことがあるのです。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/97da2db3f933332aceb91e2b70bac1c0
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_f26715f127e195e
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 10 月
147
89111314
151718192021
22232425262728
293031