ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年12月29日(金) 15時28分

「老衰死」神奈川県茅ヶ崎市は全国の2.1倍 医療費は安く

 全市区町村マップで人口20万人以上の約130市区を比較すると、男性で老衰死の割合が最も高いのは神奈川県茅ヶ崎市だ。全国平均の基準値を「100」とした老衰の死亡率は210.2で、2.1倍多い。1人当たり医療費でみると35万5074円で、全国平均より約5万円低い。歯冠修復

 逆に老衰の死亡率が最も低いのは大阪府茨木市の男性の30.9で、全国平均より7割少ないことになる。1人当たり医療費では41万6759円で全国平均を上回る。健康長寿社会を実現して老衰死が増えれば、穏やかに最期を迎えられるだけでなく、国が目指す医療・介護費の適正化にもつながる可能性がある。エアスケーラー

老衰死は2000年以降増加 5番目の死因

 死因としての老衰は、厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」で「高齢者で他に記載すべき死亡の原因がない、いわゆる自然死」と定義している。医師が医学的な因果関係から直接の死因かどうか判断して記入している。 老衰死は1950年から90年代にかけて減少。高齢者の増加に伴い、2000年には約2万1千人だったが、15年は約8万4千人と4倍に増え、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患に次ぐ5番目の死因になっている。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/70f29584d6cb4c96113ae8c516e52ea4
この記事へのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/d_f387a1cf7e1c1d4
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 1 月
124
71213
14171920
21222324252627
28293031