ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
2018年02月23日(金) 16時24分
安全面、治療効果の面から自家骨移植が優先選択
九州大学は2月15日、骨の無機成分(低結晶性炭酸アパタイト)と同組成の人工骨「ジーシー サイトランス グラニュール」を開発し、国内では初めて歯科用インプラントの周囲を含む領域でも使用可能な人工骨として薬事承認されたことを発表した。この開発は、同大大学院歯学研究院の石川邦夫教授の研究成果をもとに、科学技術振興機構、日本医療研究開発機構の医療分野研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラムとして、株式会社ジーシーが事業化開発を進めたもの。歯科用ルーペ

失われた骨を回復させる骨再建術において、安全面、治療効果の面から患者本人の骨(自家骨)の移植が優先選択されてきた。しかし自家骨移植は、患者は大きな負担を強いられること、採取できる自家骨の量にも限度があることなどの課題があり、近年ではこれに替わる機能性の高い人工骨の開発が望まれていた。スリーウェイシリンジ

人工骨には、他家骨(国内未承認)、異種骨(動物由来の骨)、合成骨(化学合成された骨)の3種類がある。しかし、他家骨、異種骨は生物由来原料を用いているため安全性の確保が課題とされ、合成骨は安全性を確保しやすい反面、治療効果の面で課題があるとされていた。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201802120001/
 
2018 年 2 月
3
410
1314151617
181920212224
25262728