ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
このスケジュールの情報を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年03月27日(火) 16時15分

脳梗塞、カテーテル使い追加治療

日 時
2018年03月27日(火) 16時15分 ~
 福井県内で年間約2千人が発症する脳卒中。その6割を占める脳梗塞は脳血管に血栓(血の塊)が詰まる病気。血栓溶解剤を投与する治療が主流だが、血栓溶解剤は投与時間に制限があり、効果に個人差がみられることから近年、脳血管に血管カテーテル(細い管状の医療器具)を挿入して血栓を取り除く追加治療が積極的に行われるようになっている。高齢患者にも施術可能で、大きな後遺症を残さず回復する患者が増えている。歯冠修復

 脳梗塞の急性期治療は「tPA」という血栓溶解剤を4時間半以内に投与する治療により、患者の4割が回復するとされる。残る6割には効果がみられず、後遺症となることがある。近年、血管カテーテルや血栓除去用の診療素材が開発・改良され、短時間で安全に血流を再開する「急性期血栓除去術」を追加で行うことが可能になった。エアスケーラー

 カテーテルは太ももの付け根から挿入する。掃除機のように血栓を吸引するタイプと、地引き網のように血栓を絡め取って回収するステントタイプがある。tPAを投与しても血流が再開しない場合に実施し、血栓除去ができれば、施術直後から意識や会話、まひの改善がみられる。tPAを投与できない場合に行われるケースもある。

 県内では県立病院、福井赤十字病院、県済生会病院、福井大医学部附属病院などで行うことができる。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1801779
このスケジュールへのトラックバックURL
http://teeths.prtls.jp/tb/s_c32365107e231b6
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2018 年 6 月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930