ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
NEXT ≫
2018年07月09日(月) 15時40分
 順天堂大医学部付属順天堂医院(東京都文京区)で頸椎(けいつい)の手術後、感染症により心臓に重篤な疾患が生じ、さらに腎臓の一部が壊死(えし)するなどしたのは担当医師が適切な治療を怠ったことが原因として、都内に住む歯科医師の男性(68)が病院を運営する学校法人に対し、慰謝料など約2億円の損害賠償を求める訴訟を起こすことが7日、分かった。歯科用ルーペ

 9日にも東京地裁に訴状を提出するとともに、高度な医療を提供する特定機能病院の承認取り消しを厚生労働省に求める。

 訴状などによると、男性は平成28年7月に同院で頸椎の難病「後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)」と診断され、8月に入院して手術を受けた。術後の尿検査で細菌が検出されたが、約1カ月後の9月に退院。その後、高熱が続いたため同院を受診したが改善せず、12月、別の病院で検査したところ、細菌が心臓に付着して巣をつくる「感染性心内膜炎」と判明。右腎臓にも塞栓(そくせん)が生じ、40%が壊死していると診断された。スリーウェイシリンジ

 男性はその後、この病院で心臓の弁を人工生体弁に交換する手術を受けた。

 男性側は、心臓に付着していた細菌が順天堂医院に入院中の尿検査で検出された細菌と同じ種類だったことなどから、感染は入院中の処置が原因と主張。開示された医療記録などから、担当医らがこの細菌を特定していたにもかかわらず、無効な抗生剤を投与し続けた上、退院時やその後の診療で必要な検査を怠ったために感染が拡大し、重篤な心臓疾患に至ったとしている。

2018年07月09日(月) 15時36分
「体臭に隠された化学信号は、我々の感情を表出させ、周囲の人々の行動にも影響を及ぼすという今回の発見は、事実上、世界初のエビデンスとなるでしょう」(ヴァレンティーナ・パルマ博士) 歯科レントゲン

 博士は医学雑誌「New Scientist」で、他人からの不安感は潜在意識のレベルで、敏感に伝わってくると結論づけている。また、マネキンが生身の人間だった場合、おそらく患者の歯を傷つけていた可能性が高いという。しかしながら、経験豊富な歯科医師の場合は、ストレスフルな患者を前にしても動揺することは少ないとしている。シェードガイド

 研究チームは、今後、歯科医の卵たちが治療する際には、このような現象が起きることを前もって承知していれば、患者の気持ちに寄り添え、ケアの向上にもつながると期待している。

 私事だが、今日これから歯の定期検診がある。担当医師や歯科衛生士さんとは良好な関係だが、今後はさらにアイコンタクトや笑顔を絶やさないようにして「レイドバックした、手のかからない患者」になろうと思う。それが、自分の歯を守る術なのだから。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18580271.html
2018年06月21日(木) 15時55分
 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。歯科レントゲン

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。シェードガイド

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18562156.html
2018年02月23日(金) 16時24分
安全面、治療効果の面から自家骨移植が優先選択
九州大学は2月15日、骨の無機成分(低結晶性炭酸アパタイト)と同組成の人工骨「ジーシー サイトランス グラニュール」を開発し、国内では初めて歯科用インプラントの周囲を含む領域でも使用可能な人工骨として薬事承認されたことを発表した。この開発は、同大大学院歯学研究院の石川邦夫教授の研究成果をもとに、科学技術振興機構、日本医療研究開発機構の医療分野研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラムとして、株式会社ジーシーが事業化開発を進めたもの。歯科用ルーペ

失われた骨を回復させる骨再建術において、安全面、治療効果の面から患者本人の骨(自家骨)の移植が優先選択されてきた。しかし自家骨移植は、患者は大きな負担を強いられること、採取できる自家骨の量にも限度があることなどの課題があり、近年ではこれに替わる機能性の高い人工骨の開発が望まれていた。スリーウェイシリンジ

人工骨には、他家骨(国内未承認)、異種骨(動物由来の骨)、合成骨(化学合成された骨)の3種類がある。しかし、他家骨、異種骨は生物由来原料を用いているため安全性の確保が課題とされ、合成骨は安全性を確保しやすい反面、治療効果の面で課題があるとされていた。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201802120001/
2018年02月23日(金) 16時19分
 虫歯などで削った歯にかぶせもの(冠)をしている人は多いですよね。奥歯では金属製の「銀歯」だけが公的医療保険の対象でしたが、デジタル技術を使って設計・製造するプラスチック製の白い冠が保険適用になり、広がっています。従来の冠とどう違うのか、調べてみました。歯科レントゲン

 岡山市内の百貨店で働く武乗美樹さん(55)は奥歯の多くが銀歯なのが気になっていた。白い歯にかえたいけれど、保険診療では無理だと思っていた。シェードガイド

 思い切って銀歯を全部抜いて、人工歯にするインプラント手術を受けようかと思い、昨年、岡山大病院を受診した。

 すると、歯科医師は「根がしっかりしている歯を抜くなんて、もったいない。保険で白いかぶせものができますよ」。新しい冠があることを教えてくれた。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1779795
2018年02月12日(月) 15時59分
 双葉地方の2次救急医療拠点となる富岡町本岡字王塚の「県ふたば医療センター付属病院」の診療開始日が4月23日に決まった。24時間365日対応で救急医療を担うほか、緊急被ばく医療や在宅医療、健康支援などにも取り組み住民の帰還や企業進出など双葉地域の復興を医療面で支える。歯科用ルーペ

 9日に福島市で開かれた双葉郡など避難地域の医療提供体制を考える検討会で県が報告した。スリーウェイシリンジ

 対象となる患者は原則、救急車で搬送された患者や地域の医療機関が開院していない時間帯に急な発熱などで来院した患者、地域の医療機関で対応困難な患者。鉄骨2階建てで1階に全室個室の病室30床や診察室など、2階には医局や会議室を設置。隣接地にはヘリポートを構え、医師の移動や患者、薬品の搬送に使える「多目的医療用ヘリ」を導入する。

 医師は福島医大から派遣を受け19人が交代で勤務し、日中は平日が4~5人、休日は3~4人、夜間は2人体制を検討。看護師30人と作業療法士、診療放射線技師らを合わせると医療スタッフは約70人となる。病院長には田勢長一郎ふたば救急総合医療支援センター副センター長が就く。

http://athena.osakazine.net/e671860.html
2018年02月12日(月) 15時55分
 小児患者に寄り添い、治療への不安や緊張を和らげるホスピタル・プレイ・スペシャリスト(HPS)について学ぶ催しが十日、静岡市駿河区の県立大短期大学部であった。HPSに関心のある医療関係者ら百六十人が参加し、実例を学んだ。歯科レントゲン

 HPSは、遊びを通して子どもたちが病気を理解する手助けをし、治療への不安を軽減する医療専門職。日本では同大短期大学部の松平千佳准教授(52)がイギリスから取り入れ、二〇〇七年に養成講座を始めた。現在は年間二百時間以上の講座を受けた医師や看護師、歯科衛生士ら百七十人が全国で活躍する。シェードガイド

 催しでは現役のHPSらが講師を務め、小児患者に人気の遊びを紹介。血液採取や家族からの差し入れなど入院から退院までの出来事を書き込むすごろく作りや、絵の具を混ぜたシャボン玉液をぶくぶくと泡立たせて紙に写し取る遊びなどを体験した。

 松平准教授は「医療が高度化し、放射線治療など体への負担が大きい治療も増えている。子どもたちを支えるHPSがもっと増えてほしい」と役割の重要性を語った。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1779359
2018年02月11日(日) 15時39分
口の中だけでなく、胃腸からの口臭ということもあります。胃腸で異常発酵したガスが身体に吸収され、血管内を通り肺に運ばれ、吐く息に悪臭ガスが混じることで、息も臭くなります。そのため、腸内環境を良好に保つことが口臭の予防につながります。歯科用ルーペ

<においが強い食べ物対策>
実際ににおいが強い食べ物を食べるときの予防策としては、飲食をする前に乳製品を摂取するとよいでしょう。乳製品のタンパク質が胃に膜を張り、食べ物やアルコールの臭い成分が全身の血液を循環することを防いでくれます。スリーウェイシリンジ

食前もしくは食事中に、乳製品を摂取しましょう。

口臭の改善方法
口臭の原因は、90%が口腔由来、10%が内臓疾患由来のものだと言われています。
原因を特定できたら、それに適した治療をすれば、おのずと改善していきます。
2018年02月11日(日) 15時29分
<一番の予防法は”口の中を乾燥させない”こと>

起床時は、就寝時に唾液が減少したことで、口の中の細菌が増加しています。歯科レントゲン
歯磨きをして物理的に細菌数を減らしたり、コップ1杯の水を飲んだりと、細菌を洗い流すようにしましょう。シェードガイド

また、朝食を摂ることで唾液が分泌されるので、口臭予防にもなります。
<自律神経も唾液分泌に大きく関わっている>
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、ストレスや緊張で交感神経が優位になると、唾液の分泌が減ってしまいます。

緊張で唾液の分泌が減っているときは、リラックスできるように心がけ、副交感神経を優位にしましょう。
2018年02月09日(金) 16時14分
 1月29日~2月4日の県感染症情報によると、80定点医療機関のインフルエンザ患者報告数は前週から39人減の4405人で、2週連続で減少した。県健康危機管理課は「わずかに減ったが、ピークは続いており注意が必要」としている。歯科用ルーペ

 定点当たりの患者数は55・06人で、県全体で警報レベルが続く。御船を除く10保健所地域で警報レベルを超え、菊池(75・63人)、人吉(75・40人)、宇城(63・17人)などが特に多い。スリーウェイシリンジ

 型別の迅速検査では、B型が9割弱を占める。B型にかかった後A型にかかる例もあり、同課は「手洗いやマスク着用による『予防』の徹底と、せきやくしゃみを人に向けない『うつさない』両方の対策をとってほしい」と呼び掛ける。

 咽頭結膜熱(50定点)が17人増の40人で、菊池が警報レベルにある。百日ぜきが1人、報告された。(林田賢一郎)

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201802080001/
≪ PREV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
NEXT ≫
 
2019 年 12 月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031