ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2017年10月の一覧 … 14 件
≪ PREV
1
2
NEXT ≫
2017年10月31日(火) 17時30分
東京医科歯科大・木原和徳特任教授

 ■手術器具づくりに安全性確保…開発秘話が本に

 腹腔(ふくくう)鏡手術とロボット手術の弱点を補う産学連携の「ミニマム創手術」が保険適用になってから来年で10年を迎える。ウエアラブル機器の装着によって医師がロボット化する術式だ。低侵襲(体に優しい)、低コストといった数々の特徴を持つ術式はどのようにして誕生したのだろうか。歯冠修復

 この術式を開発したのは東京医科歯科大学の木原和徳特任教授(同大附属病院前院長)のチームだ。

 「ミニマム」は最小限を、「創」は手術による傷口のことを意味する。「手術の際、『創』を最小限にしたい」との思いがきっかけ。創のサイズは一円玉1~2個とし、この一つだけの孔から手術器具を入れて腫瘍などの摘出をする。エアスケーラー

2017年10月30日(月) 14時45分
<1>血が止まるまでガーゼをしっかりとかむ 歯冠修復

きちんと血の塊ができれば血は止まり、抜歯によって生じた穴がふさがっていきます。出血している間にガーゼを外してしまうのではなく、血が止まるまでガーゼをしっかりかむようにしましょう。エアスケーラー

<2>口を極力ゆすがない

「血の味がするから気持ちが悪い」、また「食べ物が入ったから取り除きたい」といって、抜歯後に水でぶくぶく口内をゆすぐのはNGです。うがいが多すぎることが、ドライソケットを起こしやすくする最大の原因といわれています。抜歯後数日は、ぶくぶく口の中をゆすぐのは避けるようにしましょう。

<3>抜いた部分を触らない

2017年10月27日(金) 17時29分
 散財自慢の有名人が多いなか、この男だけは違うようだ。歯冠修復

 17日に発売された「女性自身」で、俳優の阿部寛が歯の治療費を半額にしてほしいと要求していたことを報じた。記事によると、阿部は芸能人御用達のクリニックで歯並びの治療を受けているというのだが、保険適用外のため高額になった治療費を「保険適用にできるはず」と強弁。根気よく値切り交渉を続けた結果、半額にまけてもらうことに成功したという。エアスケーラー

「同誌では、阿部がバブル崩壊時に億単位の借金をしていた経験や、妻がつける家計簿にしっかり目を通す締まり屋であることも紹介していました。ただ、交渉で治療費が半額になったということは、ある意味、阿部の要求が的外れではなかったということ。一見、ケチのように思えますが、納得のいかない治療費は払わないという強い意志が感じられます」(週刊誌記者)

 世間でも「歯医者の保険外治療は高すぎる。阿部さんは有名人にも関わらず、よく値切った」「恥も外聞も気にせず、半額にしてほしいと言えるのは逆にカッコいい!」と賛同する声が多い。

 じつは、阿部の「納得できないことには金を払わない」姿勢は昔から一貫しているとか。テレビ誌ライターが言う。

2017年10月26日(木) 15時37分
歯科治療の介助犬について調べると、アメリカなどでは歯科クリニックに介助犬を常駐させているようなところもあることがわかりました。また、アメリカでは、大きな事件などが起きて多数の犠牲者が出た場合などでも、NPO団体がセラピードッグを病院に派遣する場合があるようです。このような介助犬に関する取組みは、海外のほうが進んでいることが見て取れます。歯冠修復

今回のように、介助犬の助けによって歯科治療がスムーズになるのであれば、自閉症の子どもにとっても、その親にとっても、もちろん治療をする歯科医師にとっても、こんなに幸せなことはありません。エアスケーラー

日本ではまだまだ歯科治療に介助犬を同伴するというのは難しいと思いますが、こんな海外の事例があるということが少しでも広まっていけばいいなと願っています。

専門の訓練を受けた犬たちの活躍

ズッカを含め、ディエゴ君が通う大学病院付属の歯科に介助犬を派遣しているのは、「フント・ア・ティ(Junto a Ti:あなたのそばで)」というNPO団体です。こちらの動画を見て頂くと分かるように、子どもたちは犬を優しくなでながら、穏やかに治療を受けている様子がわかります。

2017年10月20日(金) 17時09分
 区内で在宅医療・介護に従事する事業者らでつくる「つるみ在宅ケアネットワーク」の合同勉強会が、10月11日、済生会横浜市東部病院で行われた。歯冠修復

 同ネットワークは、鶴見区医師会在宅部門が中心となり、2010年に設立された団体。円滑な在宅ケアのための顔の見える関係づくりなどを目的とし、多職種が連携して勉強会などを開いている。エアスケーラー

 年に2回開かれる勉強会は、今回で16回目。当日は医師や看護師、ケアマネジャーなど約140人が参加した。薬剤師会や歯科医師会、鶴見大学歯学部の菅武雄氏による講演などのほか、参加団体からの情報提供などがあった。

 「摂食嚥下」をテーマに語った菅氏は、食べることの先に運動や歩行訓練があるとし、経口摂取の重要性などを解説。栄養摂取方法の確立が退院には必要となるものの、食べられないまま在宅に戻るケースもあり、「退院から在宅までの間に、中間として短期間で方法確立のための場所をもてないか」などとする提言もあった。

 そのほか、同会在宅部門では昨年から管理栄養士との連携にも取り組んでおり、その活動報告もあった。東邦薬品(株)の鈴木ゆきさんが登壇し、在宅における実績を発表。栄養管理により検査数値の改善があった例などを挙げ、在宅ケアとの連携の有用性を示した。

2017年10月18日(水) 19時07分
 【南風原】こども医療費助成事業で窓口負担をなくす「現物給付」を、今年1月に沖縄県内で初めて導入した南風原町が2日、1月から7月までの子ども1人当たりの医療費・受診件数の前年比の伸び率を発表した。歯科以外の医療機関「医科」の1人当たりの受診件数は、現物給付導入前の2016年の前年比6・22%増に対し、導入後の今年は前年比3・26%増だった。安易な受診が増えるとみられがちな現物給付だが、受診件数の伸び率は逆に減少していることが分かった。 歯冠修復

 一方、低所得世帯の受診率が低いとされる歯科の1人当たり受診件数は、前年比15・58%増で、受診を控えてきた世帯が通院している傾向が明らかになった。

 医療費の助成対象者は、0歳から中学卒業まで。医科の1人当たりの医療費は、導入前の16年が前年比5・98%増の1804円で、今年は前年比2・98%増の1857円だった。現物給付導入後の医療費の伸び率は、導入前より低かった。 エアスケーラー

 歯科の1人当たりの医療費は、16年が前年比5・41%増の213円だったが、受診件数の大幅な増加に伴い、今年は前年比27・14%増だった。

 南風原町の担当者は「国民医療費は毎年伸び、子どもの数も増えているため医療費の合計は増えたが、1人当たりは増えていない。不要な『コンビニ受診』はない」と断言した。

2017年10月17日(火) 17時24分
 三養基郡みやき町は12日、三養基・鳥栖地区歯科医師会(古賀隆利会長、65人)と、町民の歯と口腔(こうくう)の健康づくりを進める協定を締結した。協力して独自の検診を実施するなど口腔ケアに力を入れ、健康寿命を延ばすことにつなげる。歯冠修復

 みやき町は2014年度に「歯と口腔の健康づくり推進条例」を制定し、歯科医師会と事業を進めてきたが、今回の協定で連携の一層の強化を目指す。具体的には「歯などに関する情報提供と知識の普及啓発」「口腔の健康づくりの観点からの食育や防煙教育の推進」など7項目を定めた。エアスケーラー

 町北茂安保健センターで調印式があり、末安伸之町長は「歯や口腔の状態は内臓疾患との因果関係が指摘されている。健康寿命の延伸につなげたい」と期待を寄せ、古賀会長は「よりよい施策を実施していきたい」と意欲を見せた。


2017年10月16日(月) 19時13分
 高齢になっても元気でいられる人と、そうでない人がいる。両者はどこが違うのか―。

 そんな健康長寿の鍵を探る疫学研究を続けている東京都健康長寿医療センター(井藤英喜理事長)が、国内外の成果を踏まえ、健康長寿を延ばすのに有効と考えられる方策を専門家の解説とともにまとめた「健康長寿新ガイドライン エビデンスブック」を刊行した。 歯冠修復

 ガイドライン策定委員長を務めた同センター研究所の新開省二副所長は「高齢者の健康を考えるには、中年期までのように病気の有無に最重点を置く態度では不十分。別の要因も大事だと分かってきました」と話す。

 新ガイドラインは、高齢者の健康に大切な12の課題を取り上げ、達成したい目標や生活のポイントなどを示した。

 例えば「食生活」と「口の健康」では、中年期までは問題とされる肥満よりも高齢者では、やせや栄養不足の方が深刻だとして、体格指数(BMI)20以上の体重を維持することや、かむ力を守ることの大切さなどを強調。「体力・身体活動」では筋肉を落とさないことの重要性を説き、望ましい運動量などを示した。 エアスケーラー

2017年10月12日(木) 15時57分
 鶴ヶ峰駅徒歩1分の矯正歯科専門クリニック「たけのうち矯正歯科」。同院では日本矯正歯科学会認定医の竹之内裕行院長がすべての治療を担当する。竹之内院長は生まれも育ちも横浜。「横浜は生まれ育った思い入れのある街。地域医療に貢献できれば」と思いを語る。歯冠修復

矯正治療の開始時期は

 矯正治療を考える中で疑問に挙がるのが、治療の開始時期。永久歯が生え始めた頃の小児矯正の最大のメリットは、あごの骨の成長を利用しながら治療できる点だ。また、永久歯が生えそろってからでも年齢が低いほど歯は動きやすいため、中高・大学生はスムーズに治療が進むという。竹之内院長は「矯正治療は年齢が低いほどメリットが多いので、学生のうちに始めるのが理想的です」と話す。エアスケーラー

 もちろん、矯正治療は大人でも十分できるもの。同院では裏側矯正やマウスピース矯正などの目立たない装置の治療も提案している。竹之内院長は「矯正専門のクリニックとして、患者さんのご要望に沿った最適なプランをご提示します。きれいな歯並びの素敵な笑顔を目指して、一緒に頑張りましょう」と話している。

http://athena.kyo2.jp/e514299.html
2017年10月10日(火) 19時19分
ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるので、積極的に摂取することをおすすめします。ビタミン不足によって起こった口内炎は、必要なビタミンが満たされるまで、なかなか治らないこともあるので意識して摂取するようにしてください。 歯冠修復

疲労やストレス口内炎が治癒するためには、免疫機能が正常に働いていることが重要です。疲労やストレスが溜まると体内の免疫機能が低下してしまいます。そのため、免疫機能がうまく働かないと、口内炎による炎症がなかなか治らないということにもなります。 エアスケーラー

がんなどの病気の可能性なかなか治らない口内炎は、なかにはがんの初期症状など深刻な病気の症状であることもあります。同じタイミングで何か所にもできたり何度も再発したりする場合には、ベーチェット病や全身性エリテマトーデスなどの病気の症状のひとつである可能性もあります。気になる口内炎の症状があるときには専門医に診てもらうようにしてください。

http://luccye1.ti-da.net/e9990191.html
≪ PREV
1
2
NEXT ≫
 
2021 年 1 月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31