ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
2017年12月の一覧 … 11 件
≪ PREV
1
2
NEXT ≫
2017年12月29日(金) 15時28分
 全市区町村マップで人口20万人以上の約130市区を比較すると、男性で老衰死の割合が最も高いのは神奈川県茅ヶ崎市だ。全国平均の基準値を「100」とした老衰の死亡率は210.2で、2.1倍多い。1人当たり医療費でみると35万5074円で、全国平均より約5万円低い。歯冠修復

 逆に老衰の死亡率が最も低いのは大阪府茨木市の男性の30.9で、全国平均より7割少ないことになる。1人当たり医療費では41万6759円で全国平均を上回る。健康長寿社会を実現して老衰死が増えれば、穏やかに最期を迎えられるだけでなく、国が目指す医療・介護費の適正化にもつながる可能性がある。エアスケーラー

老衰死は2000年以降増加 5番目の死因

 死因としての老衰は、厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」で「高齢者で他に記載すべき死亡の原因がない、いわゆる自然死」と定義している。医師が医学的な因果関係から直接の死因かどうか判断して記入している。 老衰死は1950年から90年代にかけて減少。高齢者の増加に伴い、2000年には約2万1千人だったが、15年は約8万4千人と4倍に増え、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患に次ぐ5番目の死因になっている。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/70f29584d6cb4c96113ae8c516e52ea4
2017年12月28日(木) 12時54分
 皆様が歯科治療をお受けになる際、レントゲン撮影に対する僅かな嫌悪感は撮る側にもひしひしと伝わっております。治療開始前にどの歯が原因か特定するのにレントゲン、途中でレントゲン、最後は確認でレントゲン、一体何回レントゲンを撮るのかと思われているかもしれません。近年の報道から放射線被ばくイコール発がんと脳裏をよぎるのも仕方の無いものと思われます。ここで少し難しいお話になりますが、皆様の不安を払拭(ふっしょく)させるため、科学的なことも交えてご説明したいと思います。歯冠修復

 まず初めに近年よく耳にする「シーベルト」とは放射線の量をあらわす単位で、1シーベルトは被ばくの無い日常生活と比べて、被ばくによって突然変異(発がんも含む)を生じる確率が2倍となる倍加線量のことです。この際、固形がん発症相対リスクは研究の結果0・5(リスク1は発がん可能性大)で大雑把にいえば発がんするかどうかは五分五分ということになります。エアスケーラー

 そこで本題ですが、歯科用レントゲン撮影時での被ばく線量は0・01ミリシーベルトとされています。つまり1シーベルトの10万分の1、歯科用レントゲン撮影10万回分に相当することになります。また、ICRP(国際放射線防護委員会)勧告の基準では、安全率をみて、年間人工被ばく線量は1シーベルトの1000分の1である1ミリシーベルト以下が望ましいとしていますが、これは歯科用レントゲン撮影100回分に相当することになります。このことからも歯科用レントゲン撮影のリスクは限りなく0に近いことがお分かりいただけると思います。余談ですが、日本で普通に生活をしていて、1年間で被ばくする自然放射線は2・1ミリシーベルトで歯科用レントゲン撮影210回分に相当します。

 このように歯科用レントゲン撮影は皆様が極端に心配される程の放射線被ばくではないうえ、近年は従来のアナログ方式からデジタル方式に移行しつつあり、被ばく線量の軽減化が図られております。撮る側の歯科医もレントゲン撮影に際しては最小限の被ばくで済むよう留意し、また、乳幼児や妊婦の方々に対してはレントゲン撮影を極力慎むようにいたしておりますので、最低限のレントゲン撮影にはご理解いただきたいと思います。(府歯科医師会学術部)
2017年12月22日(金) 22時52分
歯の痛みをはじめとする口腔内の異常を感じて、歯科医にかかるとき、レントゲン撮影によって状況を調べるケースは少なくないでしょう。一方、最近ではCT(コンピュータ断層撮影)を導入している歯科医院も出はじめています。筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることのひとつです。 歯冠修復

CTとは、「X線を利用して、物体を透過したX線の量をデータとして集めて、コンピュータで処理することによって、物体の断面画像を得る検査」です(日本放射線技術学会HPより)。歯科医院では、CTとレントゲンはどのように使い分けているのでしょうか。CTでどのようなことがわかるのでしょうか。 エアスケーラー

http://dentalfr.blogspot.com.br/2017/12/40.html
2017年12月21日(木) 16時16分
歯垢は生きた細菌で、この細菌が口の中でどんどん増え、日々厚みを増していくことで、歯周病や口臭につながっていくのだ。

スメルハラスメントが取り上げられている現在、仕事もプライベートも楽しむ現代女性にはマストのエチケットとして、オーラルケアは身につけて欲しいもの。また将来、しっかりと自分の歯で食事をするためにも、今のうちから歯や口のケアの正しい情報を身につけておくことが重要だ。 歯冠修復

株式会社オーラルケアではこれからも、企業や団体を対象に無料で「歯周病・口臭解決セミナー」を開催していくとのこと。随時募集しているので、申し込みたい場合は、下記「法人・団体向け口臭ケアセミナー」の連絡先までお問い合わせを。 エアスケーラー

歯周病口臭再現キット「Pシュー」を活用してその臭いを体感し、他人事ではなく自分事としてとらえることができるようになる本セミナーが、歯周病を解決していく助けになってくれるに違いない。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40867047/
2017年12月18日(月) 23時54分
 星谷歯科医院(湘南台4の1の19)で12月23日(土)、「第18回ステラコートクリスマスコンサート」が開かれる。時間は午後1時から3時。定員40人。入場無料(要予約)。歯冠修復

 第1部では湘南台ファンタジアでお馴染みのエリック・フクサキさんが登場。今年10月に発表した「飾らない歌」などを披露する。第2部ではカンボジアの魅力を伝える「カンボジアに魅せられた私達」と題した講演が行われる。第3部では同院の星谷雄太院長による「ハハハの話」などが予定されている。申し込み、問い合わせは同医院【電話】0120・648174へ。エアスケーラー

2017年12月23日
13:00開始 〜 15:00終了
事前申込みが必要:
神奈川県藤沢市湘南台
費用:無料
問い合わせ先:星谷歯科医院
2017年12月15日(金) 18時03分
 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。

 午前9時41分、私邸発。同57分、官邸着。歯冠修復

 午前9時58分から同10時20分まで、塩崎恭久前厚生労働相、大河原昭夫日本国際交流センター理事長。同21分から同56分まで、麻生太郎副総理兼財務相、財務省の福田淳一事務次官、岡本薫明主計局長。エアスケーラー

 午前11時12分から同56分まで、加藤勝信厚生労働相、厚生労働省の浜谷浩樹老健局長、鈴木俊彦保険局長。

 午後1時22分から同2時10分まで、太田昭宏公明党前代表。同11分から同23分まで、堀憲郎日本歯科医師会会長、日本歯科医師連盟の高橋英登会長、久保田智也理事長。同26分から同36分まで、英王立国際問題研究所と大和総研共催の会議に向けたビデオメッセージ収録。

2017年12月14日(木) 15時20分
■第3位 歯に物がはさまる
食事の後に歯に物がはさまるのが気になる人は要注意。はさまるたびに確実に取り除く習慣でもない限り、いつの間にかその状態に慣れてしまい取り除かないままになっていきます。すると虫歯が歯と歯の間から急速に進行してトンネル虫歯を作ります。その穴にさらに食べカスや虫歯菌が入り込み虫歯の進行を加速させていくのです。歯冠修復

量が多くなると歯ブラシや歯間ブラシでは取れないようになります。実際歯科医院で歯の治療器具を使って取り除くと、どれほど圧縮されて詰まっていたのかと驚くような大量の食べカスが、次から次へと出てくることもしばしばです。エアスケーラー

繊維状の食べカスが大量にはさまると、歯ぐきの奥の方に次から次へと押し込まれて、虫歯と歯周病が急激に進行するため、そのままでは歯の寿命極端に縮めることとなり、ひどくなると抜歯になることもあります。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/98c1b121177ea5bf313f794cef2125e5
2017年12月13日(水) 19時01分
 松本歯科大学(塩尻市)は15日、大学病院に「細胞・再生医療センター」を開設し、歯科分野の再生医療を開始すると発表した。カネカとダイダンが整備した小型の細胞調整施設を利用し、治療に必要な細胞を自動培養して臨床研究から始める。同センターの設備で安全性を確保しつつ作業コストを低減できるため、再生医療の普及をめざしていくという。歯冠修復

 同センターは同病院の医科歯科連携診療部に設置した組織で、大学病院で行う再生医療を支援する。設備はダイダンの気流制御技術を使ったクリーンルームに、カネカの自動細胞培養装置を入れた。投資額は2000万円前後という。再生医療に使う通常の設備に比べて小スペースで、細胞培養も自動化される。維持費も含めてコストを1割程度にできる。エアスケーラー

 最初に取り組むのは歯を支える「歯槽骨」の再生医療。腫瘍などの病気で歯槽骨が萎縮したり欠損したりして、骨の移植が必要な患者が対象。腰から骨髄液を採取して骨のもとになる細胞に自動培養し、患者に移植する。11月にも治療対象者を募集する計画だ。

 カネカの装置は容器が密閉したシステムで細胞培養が行われるため、業務の負担を軽減できるとともに、人手による汚染を避けて安全性も確保できる。再生医療で自動培養した細胞の臨床応用は日本で初めてという。


2017年12月07日(木) 17時41分
皆様の人生を長期的視点でみたとき、歯の健康が得られている方の人生は大変素晴らしいものになる! ということを、日々の臨床において多くの患者さんを見るたびに実感しています。

しかしながら、今でも多くの方が「痛い・ 詰め物がとれた」などの問題が生じてから歯科医院へ緊急的に駆け込む「場当たり的な、事後対応の歯科医療」になっているようです。 歯冠修復

子どもの頃は定期的な歯科検診がありますが、大人は何か問題が起こらない限り検診を受けるきっかけがありません。しかし、歯の健康は知らず知らずのうちに損なわれている可能性があります。また、歯のトラブルは想像以上に日常に支障をきたします。ですから、本来は「予防」「メンテナンス」をして健康状態をキープすることが理想的なのです。実際、欧米では「事前対応の歯科医療」の方が一般的です。

歯科医師としてお勧めしたい「事前対応の歯科医療」とは、3つのステップで成り立っています。

1. まずは自覚症状の有無にかかわらず歯科医院へ予約をとって、口腔内の検査を受ける。
2. そして歯科医師によって問題ありと診断された場合には、的確な予防管理のもと重症化しないうちに然るべき処置を済ませる。
2017年12月05日(火) 16時06分
 誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、産経新聞社が立ち上げた「100歳時代プロジェクト」の一環として、超高齢社会におけるビジネスチャンスを探るセミナーが1日、東京都港区の電通ホールで開かれた。歯冠修復

 産経新聞社の河合雅司論説委員が講演し、「例えば、テレビ開発で高画質を追求しても高齢者にはあまり意味がない。良く聞こえる音に力を入れるべきだ」と語り、高齢者のニーズを的確につかむことの重要性を強調。東京医科歯科大特任教授の朝田隆氏、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さん、タレントの優木まおみさんを交えたトークセッションも行われ、認知症予防や老後の資産管理の大切さを学んだ。エアスケーラー

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/c3cf57132356fdbe3167f9a60aa858ce
≪ PREV
1
2
NEXT ≫
 
2020 年 11 月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930