ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年01月24日(水) 16時45分

ペット接触「適度に」 感染症で死亡例、専門家が注意呼び掛け

 犬や猫から人に感染する動物由来感染症の一つ「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例が福岡県で確認され、ペットの飼い主らに動揺が広がっている。専門家は「動物との過度な接触は避けて」と呼び掛けている。歯科レントゲン

 「うちの猫が鼻水を出しているが、大丈夫だろうか」。死亡例が報道されてからこれまで、熊本市中央区の竜之介動物病院には同感染症に関する問い合わせが約10件あった。病院では感染症について概要を説明し、心配であれば来院するよう答えた。シェードガイド

 徳田竜之介院長は「飼い主の関心の高さがうかがえる。ただ過剰な反応は禁物で、適切なペットの飼い方が大事。『犬や猫=悪』のような空気になってしまわなければいいが」と話す。

 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、感染したペットには、くしゃみや鼻水などの症状が見られ、人への感染では喉の痛みやせきなど風邪に似た症状が出る。国立感染症研究所によると、2017年11月までに国内で報告されている人への感染例は25件。

 南区の仮設団地で猫を飼う女性(59)は「動物を介した感染症があるのは知っていたが、死亡した人が出たニュースには驚いた。接し方には改めて気を付けたい」と警戒している。

 厚生労働省発行のハンドブックによると、動物由来感染症は全世界で200種類以上が確認されており、国内にはエキノコックス症、猫ひっかき病など数十種類が存在するとされる。ペットとの過剰な触れ合いを避け、接触後には手洗いをするなどの注意喚起をしている。

 麻布大獣医学部の宇根有美教授は「節度ある接触が必要。健康的で衛生的な飼育を心掛け、口移しやキスなど濃厚接触は避けてほしい。特に免疫力が下がる体調不良時には注意が必要」と話している。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1771744
この記事へのトラックバックURL
https://teeths.prtls.jp/tb/d_612f222d107e2118b
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 2 月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28