ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年04月25日(火) 10時46分

下顎神経麻痺はなぜ起るのでしょう。

インプラント手術の時に下顎神経麻痺が起る理由として、
レントゲン診査が不十分であったため、下顎神経とインプラントの位置関係をあやまってしまった、と、いうことがあります。根管長測定器

通常、歯科医師がインプラント手術の際に使用するレントゲンは、ほとんどの歯科医院に設置しています、歯から顎まで一通り写り、非常に便利なレントゲン写真です。インプラント治療においても有効な撮影方法ですが、このレントゲン写真は平面でしか分かりません。歯科技工用品

Woodpecker® LED光照射器 Cブルーライト

CT撮影というレントゲン方法を行った方が無難です。CTは普通のレントゲンでは撮影できない骨量や血管・神経の位置などを立体的に撮影することができます。CT撮影をし、綿密な治療計画をたてることで安全な手術が可能になります。歯髄診断器

神戸三宮インプラントセンターでは、治療計画を立てる際にとても重要な世界最新のCT、解析ソフトなど一般の歯科医院にはない設備を設置していますので安心です。
関連記事:むし歯はいつ頃から見られるようになったのでしょうか?
この記事へのトラックバックURL
https://teeths.prtls.jp/tb/d_718b332ea7e1419b
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 10 月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031