ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2018年01月15日(月) 12時43分

ぜひ「事前対応の歯科医療」をお勧めしたいと思います

皆様に日々実践していただきたいこと4つ1. 日々の歯磨き等の予防管理を、的確に行う
歯科医師によって「問題なし」の診断を受けた場合でも、また治療の必要が出た場合でも、日々の歯磨きや糖分摂取管理等の予防管理は、その後の成績を大きく左右する要因となります。歯科用ルーペ
「地道に歯磨きを的確に続けていった方が、最終的には勝つ」ということは、歯科医療側の誰もが知っています。あなたも その仲間に入りませんか?スリーウェイシリンジ
2. “力”に対する配慮を行う
歯を失う二大原因として、歯磨きを怠ることに起因する問題と、力に対する配慮を怠ることに起因する問題があります。
“力”に対する配慮は、意外に疎かになりやすい項目です。
食事の咀嚼時以外、上下の歯は触れ合わないのが本来です。しかしながら日常生活において、無意識に上下の歯が触れ合う、または喰いしばることによって、歯に過大な力が加わり、歯が折れる、極度の摩耗(すりへり)、歯周病の悪化を招く、顎関節が損傷するなどの問題が生じることがあります。
食事中以外は、「喰いしばらず、唇は閉じて歯は離す」ということを意識して、歯や口腔内を長持ちさせましょう。
3. 生活習慣や全身管理への配慮を怠らない
歯磨きをしっかりして喰いしばらなければ一切問題ない、とはなりません。乱れた生活習慣は糖尿病などの生活習慣病を招き、口腔内にも歯周病等の悪影響を及ぼします。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201801110001/
この記事へのトラックバックURL
https://teeths.prtls.jp/tb/d_a4632bc7e21f0
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 2 月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28