ニックネーム高精度根管長測定器
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年04月06日(木) 10時56分

歯が痛い、しみるといった症状は歯髄炎を起

噛むと歯が痛い、冷たいものが歯にしみるといった症状があれば、むし歯が進行している可能性が高いです。更に何もしなくても脈を打つような感じで歯の痛みが続いたり、義歯関連材料熱いものがしみるようになると、虫歯診断装置虫歯は歯髄(神経)まで進行しており、歯の神経が炎症を起こす歯髄炎になっている可能性があります。

むし歯がかなり進行して象牙質にまで達すると、むし歯菌が象牙細管を通って歯髄内に侵入し、歯科医院用歯髄が感染してしまい、炎症が起こります。そのような場合に、根管用シリンジ・ニードル歯を残す目的で行われるのが根管治療です。

根管治療では、Water Pik ウォーターピック細菌に感染した神経や血管を取り除き、洗浄・消毒をして根管内に薬剤を入れて、被せ物を装着します。根管はとても細く複雑なつくりをしているため、歯髄(神経)を根管内から取り除く抜髄の処置はかなり高度な技術が必要です。

NSK EX-203 エアーモーター

ただし神経を取ることのデメリットとして、神経がなくなった歯は栄養が届かなくなるので脆くなったり、デジタルX線センサー痛覚を失っているため気付かないうちにむし歯が悪化したりと、ダメージを受けやすくなるということがあげられます。

もし歯髄炎を治療せずに放置してしまうと、神経が死んでしまい、急に痛みがなくなります。痛みが消えたためそのままにしていると、症状が悪化して抜歯しなければならなくなりますので、歯の痛みを感じたら早めに受診しましょう。
関連記事 コーチングテクニックを後輩指導に生かそう
この記事へのトラックバックURL
https://teeths.prtls.jp/tb/d_ebf2938a7e146d
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 1 月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031